2018.11.11

8.商売上手なクラブはいくらの利益を出してる? ベスト11を組んで検証してみた![ポルト編]

[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 冬の移籍市場に向けて、買い上手、売り上手のクラブをおさらいする全11回のシリーズ。第8回はポルト編をお届けする。

「歴代所属の移籍金が高い選手から並べれば、トップレベルのチームが2つできる」。それくらい多くの選手がポルトから巣立ってきた。にもかかわらず、2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ優勝、2010-11シーズンのヨーロッパリーグ優勝と欧州タイトルを獲得している実績がポルトの強さを表している。

各ポジションとも充実の陣容となった4-4-2

 ベスト11で中心になるのは、2010-11シーズンにチームをヨーロッパリーグ優勝に導いた面々だ。ラダメル・ファルカオ、フッキ、ハメス・ロドリゲス、ジョアン・モウチーニョらに加え、ディフェンスラインも充実している。攻守に隙はほぼ見当たらず、高額な移籍を次々と成立させてきたクラブの手腕にも納得できる。

金額は『Transfermarkt.de』を参照。(日本円は11月11日時点のレートで換算)
写真=ゲッティイメージズ

ラダメル・ファルカオ


2009年、リーベル・プレートからポルトに加入。
移籍金:543万ユーロ

2011年、ポルトからアトレティコ・マドリードへ移籍。
移籍金:4000万ユーロ

収支:+3457万ユーロ

 

アンドレ・シルヴァ


2016年、ポルトBチームからトップ昇格。

2017年、ポルトからミランへ移籍。
移籍金:3800万ユーロ

収支:+3800万ユーロ

 

ハメス・ロドリゲス


2010年、バンフィエルドからポルトに加入。
移籍金:735万ユーロ

2013年、ポルトからモナコへ移籍。
移籍金:4500万ユーロ

収支:+3765万ユーロ

 

ジョアン・モウチーニョ


2010年、スポルティングからポルトに加入。
移籍金:1100万ユーロ

2013年、ポルトからモナコへ移籍。
移籍金:2500万ユーロ

収支:+1400万ユーロ

 

アンデルソン


2005年、グレミオからポルトに加入。
移籍金:800万ユーロ

2007年、ポルトからマンチェスター・Uへ移籍。
移籍金:3150万ユーロ

収支:+2350万ユーロ

 

フッキ


2008年、東京ヴェルディからポルトに加入。
移籍金:550万ユーロ

2012年、ポルトからゼニトへ移籍。
移籍金:4000万ユーロ

収支:+3450万ユーロ

 

アレックス・サンドロ


2011年、デポルティーボ・マルドナドからポルトに加入。
移籍金:960万ユーロ

2015年、ポルトからユヴェントスへ移籍。
移籍金:2600万ユーロ

収支:+1640万ユーロ

 

ペペ


2004年、マリティモからポルトに加入。
移籍金:200万ユーロ

2007年、ポルトからレアル・マドリードへ移籍。
移籍金:3000万ユーロ

収支:+2800万ユーロ

 

エリアカン・マンガラ


2011年、スタンダール・リエージュからポルトに加入。
移籍金:675万ユーロ

2014年、ポルトからマンチェスター・Cへ移籍。
移籍金:3050万ユーロ

収支:+2375万ユーロ

 

ダニーロ


2011年、サントスからポルトに加入。
移籍金:90万ユーロ

2015年、ポルトからレアル・マドリードへ移籍。
移籍金:3150万ユーロ

収支:+3060万ユーロ

 

ビトール・バイーア


1988年、レサからポルトに加入。
移籍金:0

1996年、ポルトからバルセロナへ移籍。
移籍金:650万ユーロ

1999年:バルセロナからポルトへ復帰。
移籍金:0

収支:+650万ユーロ

 

合計収支:2億8747万ユーロ(約370億円)

11月11日のベスト11のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング