2015.02.25

2022年W杯、冬開催なら決勝戦は12月23日の平日開催か

ブラッター
2022年カタールW杯は冬開催になる可能性が浮上している [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)の特別委員会は24日、2022年に行われるカタール・ワールドカップの開催時期は11月と12月にするべきであると推奨した。

 英紙『Telegraph』は、仮に11-12月開催案が採択された場合はその決勝戦が12月23日になるようだと伝えている。

 カタールで開催される同大会は、以前よりその開催時期が問題となっていた。

 夏開催の代替として1-2月開催などがあったが、11-12月に開催する案をこのほどFIFAが発表。3月19日から20日にかけて行われるFIFAの執行員会で話し合いが行われる予定であり、現時点では最も現実的な開催時期であると言える。

 記事によれば、仮にこの11-12月案が採用された場合、開幕は11月26日、決勝戦は12月23日になりそうであるという。

 2022年12月23日は金曜日。日本では天皇誕生日にあたり、祝日である(もちろん祝日法により変更になる可能性がある)。

 ワールドカップの決勝はこれまで日曜日開催が慣例となっており、少なくとも1998年大会以降5大会連続で日曜日開催であった。しかし、この週の日曜日は12月25日のクリスマスにあたり、平日開催にはそのあたりの事情も関係しているのかもしれない。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る