2015.02.25

2022年W杯、冬開催なら決勝戦は12月23日の平日開催か

ブラッター
2022年カタールW杯は冬開催になる可能性が浮上している [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)の特別委員会は24日、2022年に行われるカタール・ワールドカップの開催時期は11月と12月にするべきであると推奨した。

 英紙『Telegraph』は、仮に11-12月開催案が採択された場合はその決勝戦が12月23日になるようだと伝えている。

 カタールで開催される同大会は、以前よりその開催時期が問題となっていた。

 夏開催の代替として1-2月開催などがあったが、11-12月に開催する案をこのほどFIFAが発表。3月19日から20日にかけて行われるFIFAの執行員会で話し合いが行われる予定であり、現時点では最も現実的な開催時期であると言える。

 記事によれば、仮にこの11-12月案が採用された場合、開幕は11月26日、決勝戦は12月23日になりそうであるという。

 2022年12月23日は金曜日。日本では天皇誕生日にあたり、祝日である(もちろん祝日法により変更になる可能性がある)。

 ワールドカップの決勝はこれまで日曜日開催が慣例となっており、少なくとも1998年大会以降5大会連続で日曜日開催であった。しかし、この週の日曜日は12月25日のクリスマスにあたり、平日開催にはそのあたりの事情も関係しているのかもしれない。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング