2014.10.20

高騰し続けるプレミアリーグのチケット。最もサポーターに優しいクラブは…?

マンチェスター・シティ
マンチェスター・Cはプレミアリーグで最も安いシーズンチケットを販売している [写真]=Getty Images

 10月14日、英公共放送局『BBC』は、2014年の英国サッカーのチケット価格の統計『Price of Football 2014』を発表した。

 この統計によるとプレミアリーグからフットボールリーグ2(4部)の全クラブにおける最も安いチケットの平均価格は、この2年間で13パーセント増加しているという。これは、同期間の英国内での生活費の上昇率が6.8パーセントだったことを踏まえると、はるかに高い数値である。

 プレミアリーグでは、この2年間でチケットの価格が15.8パーセントも上昇している。アーセナルの場合、最も高いチケットは97ポンド(約16800円)。これは全クラブ中、最も高い金額だがそれでも昨年の126ポンドよりも29ポンド安い。また、アーセナルはプレミアリーグの中で最も高額なシーズンチケットも販売しており2013ポンド(約35万円)もする。同じくロンドンに本拠地を構えるチェルシーの最安値チケットの価格は50ポンド(約8600円)。これは、プレミアリーグの中で最も高い価格だ。

 果たして、このチケット高騰は英国のインフレ率(消費者物価指数上昇率)と連動しているのだろうか?

 実のところ英国のインフレ率は、燃料価格の急落により大きく減速している。英国統計局が10月14日に発表した9月のインフレ率は1.2パーセントで、2009年9月以来5年ぶりの低水準に落ち込んでいる。それに対し、イングランドのサッカー観戦にかかる費用は12カ月前に比べて4.4パーセントも上昇している。

 つまり、チケットの価格上昇はインフレとは関係なく、各クラブの経営方針によって変動しているのである。

 プレミアリーグの熱気ある応援スタイルを支えるのは、地元のサポーターたちであることは言うまでもない。だが、“労働者階級”が多くを占める英国のサポーター層において、チケット価格の高騰はかなりの重圧となっている。

『BBC』によると、プレミアリーグで最も安いシーズンチケットを販売しているのは、実はマンチェスター・シティだという。価格は299ポンド(約5万2000円)でクラブの規模からするとかなりお買い得と言えるだろう。

 マンチェスター・シティは、9月のアーセナル戦においてもアウェー観戦に赴くサポーターに対しチケットの半額ディスカウントを実施するなど、地元のサポーター層を積極的に支援する方針がチケット価格からもよく表れている。“金満クラブ”と揶揄されるシティだが、実は最もサポーターに優しいクラブと言えるのかもしれない。もっとも、豊富な資金力がゆえに可能なことだということは、最後に付け加えておく。

(ZUU online編集部)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る