FOLLOW US

totoONE編集部が教えるtotoの基礎知識 第2回「どうやって買うの?」

 前回は「スポーツくじ」の種類や対象となる試合、キャリーオーバーについて説明した。第2回となる今回は、「toto」の買い方について解説していこう。億のチャンスが狙える「toto」は、いつ頃開催され、どのように購入すればいいのだろうか。

totoはどこで買う?

 totoが主に対象とするのはJリーグ。Jリーグ開催時には、totoは基本的に販売している。販売期間は、対象となる試合の約1週間前から当日まで。Jリーグがオフシーズンの間は、海外サッカーを対象にしたtotoが開催される。

 totoの購入方法は、インターネットと店舗の2通りがある。インターネットの場合は、totoオフィシャルサイトや提携サイトで購入する。24時間いつでも購入できるうえ、Jリーグが対象になっている場合は試合開始10分前まで、それ以外の場合は販売最終日の19時まで購入が可能だ。

 店舗の場合は、くじ売り場やコンビニエンスストアで購入することになる。くじ売り場は8時から23時(※店舗によって販売時間は異なる)、コンビニエンスストアは8時から22時30分となっており、締切時間もくじ売り場が販売最終日の12時、コンビニエンスストアは11時30分となる。インターネットでの購入に慣れていない方にはこちらがオススメだ。

予想の仕方は?

 totoはマークシート形式で購入する。インターネットの購入画面や店舗の記入用紙を見ると、各対象試合に「1」、「0」、「2」という数字が並んでいる。「1」はホームチームの勝利、「0」は引き分けや延長戦、「2」はホームチームの敗戦(アウェイチームの勝利)を表している。これらの数字をマークすることで試合の勝敗を予想するわけだ。

 totoでは1回につき対象となる13試合の勝敗を予想することになるが、各試合とも1通りずつの結果を予想して購入する場合は「シングル」と呼ばれ、1口100円。一方で、予想が難しい試合の場合は結果を2通り(ダブル)、あるいは3通り(トリプル)で予想することもでき、これを「マルチ」と呼ぶ。マルチを使えば当せん確率は高まるが、購入金額は使用状況に応じて変化する。

 予想に自信がない? そんな時に活用したいのが『ランダムチャンス』だ。これを使えばコンピュータが⾃動で予想してくれる。一部は自分で予想して、自信のないところだけ『ランダムチャンス』を使う、ということもできる。

結果はどこで確認する?

 くじの結果はtotoオフィシャルサイト、電話、店舗で確認できる。
 店舗で購入した場合、パソコンやスマートフォンからtotoオフィシャルサイトにアクセスし、チケットに記載されている「照会番号」を入力すれば確認できる。また、結果発表翌日の朝刊や24時間自動対応電話(0180-999-920・有料)で調べることも可能だ。そのほか、くじ売り場やコンビニエンスストアのマルチメディア端末でもチェックできる。
 インターネットで購入した場合は、購入した各サイトの会員ページで確認できる。

 当せん金の受け取り方は金額によって異なる。10万円以下の場合は、toto取扱いの信用金庫や払い戻し可能なくじ売り場などで現金を受け取ることができる。10万円超50万円以下なら信用金庫での受け取りとなり、50万円を超えると信用金庫で手続きをし、10数日後に窓口での受け取りか指定口座への振り込みとなる。オンラインで購入したものに関しては、指定口座に自動で振り込まれる。

 購入方法はインターネットと店舗の2通りあり、予想の仕方も「シングル」に「マルチ」、「ランダムチャンス」と選択肢が多い。自分に合ったやり方を見つけてtotoを購入するといいだろう。

 次回は、試合結果を予想する際に参考にしたい情報やサイトについて解説しよう。

🔞19歳未満の方の購入または譲り受けは法律で禁じられています。払戻金も受け取れません

totoオフィシャルサイトはこちらから

BACK NUMBERtotoONE編集部が教えるtotoの基礎知識のバックナンバー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA