FOLLOW US

森保監督、注目の左WGは旗手怜央を起用へ「日常の延長で良さを…」 GK鈴木彩艶の先発も示唆

2023.10.16

日本代表を率いる森保一監督 [写真]=Getty Images

 日本代表を率いる森保一監督がチュニジア戦の前日会見に出席し、システムやメンバー起用について言及した。

 13日に行われた国際親善試合ではカナダ代表を4-1で下し、6月から続く国際Aマッチでの連勝を「5」に伸ばした“森保ジャパン”。17日に兵庫県の『ノエビアスタジアム神戸』にて行われる「キリンチャレンジカップ2023」では、“アフリカの雄”チュニジア代表と対戦。過去の対戦成績では日本代表が4勝1敗と勝ち越しているものの、直近の対戦(昨年6月)では0-3と完敗を喫している。

 国際Aマッチ6連勝、そして1年越しのリベンジを目指す日本代表。森保監督は「去年負けた相手にホームで勝つということだけでなく、我々がより高みを目指して高みを目指していかなければならないと思います」と前置きしつつ、「相手に関係なく高い目標を持って我々が突き抜けていくというところ、個のレベルアップとチームとしてのレベルアップを明日の試合でも積み上げていけるように戦いたいと思います」と試合に向けた意気込みを示した。

 今回の代表活動では、コンディション不良や負傷などを理由にチームを離脱する選手が相次いでいる。とりわけ左ウイング(WG)においては三笘薫(ブライトン/イングランド)が体調不良で不参加となり、カナダ戦で“代役”を務め1ゴールを記録した中村敬斗も同試合で左足首を負傷した。森保監督は「選手を入れ替えて戦いたいと思います。システムに関しては4-2-3-1」がスタートかなと思ってます」とカナダ戦からのメンバー入れ替えと4-2-3-1の採用を明言したうえで、左WGの人選については次のように語った。

「明日の試合に関しては、今の準備の中では旗手怜央をスタートして考えて準備したいと思います。カナダ戦を見たうえで、怜央が左サイドのワイドのポジションを取って味方を生かすところも、ライン間に入ってプレーするところも、両方攻守に関われるのは見せてくれました。彼はセルティックでは左のインサイドハーフが多いと思いますが、ライン間をとってプレーするという部分では、今回の我々の中での左サイドで中に入って人を生かすという部分のプレーは、日常やっているところの延長で良さを活かしてもらえるかなと思っています」
 
 また、GKの起用については「この準備を経て最終的に決めようと思いますが、(鈴木)彩艶にスタートから出てもらおうかと思っています。大迫(敬介)も結果を残している点を評価していていますが、GKも全体的に経験値を上げた中で、アジアカップやワールドカップのアジア予選などでベストな選択をできればと思っています」と明言。今夏にシント・トロイデンへ移籍した21歳の若き守護神の起用を示唆した。

 チュニジア戦は19時10分キックオフ予定。試合の模様はフジテレビ系列にて全国生中継されるほか、TVerでの生配信が行われる。

旗手怜央の関連記事

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING旗手怜央のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO