FOLLOW US

GK鈴木彩艶、スタメン奪取へ攻撃面に自信「自分のフィードからチャンスを」

オンラインでの取材に応じた鈴木

 6日、U-24日本代表GK鈴木彩艶がオンラインでの取材に応じた。

 当初はバックアップメンバーという位置づけだった鈴木だが、東京オリンピックの選手枠拡大を受け登録メンバー入りを果たした。まずこの変化について問われると「(試合に出る)チャンスは増えたと思いますが、自分としてはやるべきことは変わらないと思っています」と言及。先月12日ジャマイカ代表戦以来の出場を目指す同選手は「普段一緒にできていない選手が多いので、ビルドアップのタイミングなどを合わせていきたいと思います」と今後に向けて語った。

 同じチームのGKには大迫敬介と谷晃生がいるが、2選手との比較を問われた鈴木は「セービングの伸びがあるので、ギリギリのところでのひと伸びは負けないと思っています。攻撃の部分ではキックに飛距離が出るので、一発背後でチャンスを作るというところは負けたくありません」と語った。またJリーグの試合を通じての自信を問われると「ゲームを通して攻撃の部分で自信を得ることが多いです。守備の部分では味方に助けられるシーンが多いので、なかなか自分のプレーをする機会は多くないですけど。やっぱり攻撃面での精度が上がってきたと実感しています」と手応えを口に。

 また、かつて日本代表GKとしても活躍した川口能活コーチの指導を受ける鈴木は、その印象的な指導を問われると「おもに2つあって、1つはシュートに対してキャッチするのか弾くのか、そしてどこに弾くのかという大切さ。あとはシュート前のポジショニング。高すぎず下がりすぎずというポジショニングは細かく言われています」と明かした。

 そして、猛暑の中での戦いが予想される東京オリンピック本大会に向けては「シュートを止めることもそうですが、暑い環境の中で日本らしく戦うにはボールを保持するサッカーが重要になってくると思います。そういった意味で、ビルドアップの部分でいかにマイボールにしながら相手ゴールに迫っていけるかが大事だと思うので、自分のフィードから味方へ確実に繋げることだったりチャンスを作ったり、というのが大事になってくると思います」と語り、自身の活躍も見据えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO