2017.12.13

「僚太の分までしっかり頑張る」…小林悠、大島の負傷で決意を新たに

代表初ゴールとなる先制点をマークした小林悠 [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

 EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会・第2戦が12日に行われ、日本代表と中国代表が対戦。小林悠と昌子源の得点で日本が2-1で競り勝った。

 9日に行なわれた朝鮮民主主義人民共和国代表戦は2列目の右サイドで出場した小林だが、この試合では所属する川崎フロンターレと同じ1トップのポジションで先発出場。「今日の2列目の選手はかなりやりやすかったですし、背丈はないですけど技術が高い選手ばかり。自分はなるべく前で体を張って、ボールを収めたり、ヘディングで競り合ったりする」ことを意識して試合に臨んだ。

 前半から果敢にゴールに迫ったが、なかなかゴールを割れずにいたことで「今日は自分の日じゃないのかなって思いましたね」と苦笑い。結果的に試合終盤の82分に代表初ゴールとなる先制点を決め、小林は「なんとか最後に決められて良かったです」と安堵の表情を覗かせた。「何度交代の時に自分かなと思ったことか……。最後まで信じて使ってくれたんで、感謝したいですね」と2試合連続で先発起用したヴァイッド・ハリルホジッチ監督へ感謝も忘れなかった。

 中国戦の前半に川崎でチームメイトの大島僚太が負傷。井手口陽介との交代を余儀なくされた。小林は「やっぱり、僚太がいるとすごくやりやすかったですし、代表で一緒に出るのは初めてだったので、もっと長い時間一緒にやりたかったですけど」と無念の表情。E-1選手権優勝が懸かる16日の韓国代表との一戦は「僚太の分までしっかり頑張らないといけない」と決意を新たにした。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
横浜FC
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る