2015.01.16

得点はPKのみ…決定機を外した本田圭佑「反省しないといけない」

本田圭佑
イラク戦でPKを決めた本田 [写真]=兼子愼一郎

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第2戦が16日に行われ、グループDでは日本代表とイラク代表が対戦。日本は23分、自ら得たPKをFW本田圭佑が決めて先制する。その後は追加点を奪うことができなかったが、最後までリードを守り切った日本が1-0で勝利を収めた。

 試合を振り返った本田は「2-0になれば余裕が出てきたと思います。そういう意味では、やっぱりチャンスがあった選手が決めないといけないです」とコメント。自身のシュートがクロスバーやポストに阻まれ、決定機を生かせなかったことから「反省しないといけないなと思っています」と語った。

 その一方で、本田は「次に(チャンスが)きたら決めようと思うのは当たり前のことですけど、それでも決められない可能性があるのがサッカーです」と主張。「今日あった3本のチャンスを6本にするフィジカル的要素、駆け引きの要素、周りとのコンビネーションというものを高めていった方が結果を出せるのかなと思います」と続けた。

 また、イラク代表については「スペースを与えると怖いなというのは何人かの選手の迫力を見ていて感じました」と印象を語り、「分析通りです。ディフェンスは集中していたと思います」と述べていた。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る