2014.06.15

大手スポーツメディアがW杯日本戦のレビュー「香川は臆病だった」

香川真司
コートジボワール戦でパフォーマンスの悪さが目立った香川真司(左)  [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。日本は本田圭佑が先制点を挙げたが、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 大手メディア『ESPN』が同試合のレビューを掲載し、日本代表の問題点を挙げている。

 同メディアはこの試合を、「8年前のドイツ・ワールドカップで日本代表にとっての初戦、オーストラリア戦の様だった」と表現している。2006年のドイツでのオーストラリア戦は日本代表が先制するも、オーストラリア代表FWティム・ケーヒルが途中出場した後、3点を立て続けに入れられおり、今回のコートジボワール戦と似たような展開となっていた。

 今回の試合は、「ディディエ・ドログバが後半から入るのは明らかだった」とし、同選手が入ってから、立て続けに2点を入れられている。「自信を持ってピッチへ出てきたドログバだが、日本には全く自信が感じられなかった。しかしドログバはそんなに特別な事をしていなかった。ただ彼がドログバであるということだけだ。日本はドログバをとても恐れ、まるで他の選手がいるのを忘れているかの様だった」と、ドログバに集中しすぎたことを指摘。さらに「コートジボワールはドログバが入ると同時にギアを上げていったが、日本はより深く自陣に後退していくだけだった。もっと点が入ってもおかしくなかった」と、1-2で終われたことは幸運だったとしている。

 前半の16分に日本代表FW本田圭佑が挙げたゴールは「彼の実力を見せつけた」とし、ゴールの様子を「ファーストタッチで、あのヤヤ・トゥーレをかわし、左足で蹴ったシュートはゴールの左隅を突き刺した」と表現した。しかし後半からは「本田を含めた日本代表のプレーにはがっかりした」とし、その要因として、「香川真司がゲームメイクで本田と協力しあえたらもっと試合は違っていた。香川は自らの良さを消し、臆病だった」と、香川のパフォーマンスの悪さを批判した。

 そして日本がグループリーグを突破するには、「すぐに立て直せると自信を持たなければならない。次の試合で対戦するギリシャ代表も、コロンビア代表に負けており、次の試合に何としてでも勝ち点3を取りに来る。お互いが勝利を必要とする試合だ。そこで、攻撃的で調和のとれたパーマンスをしなければならない。がっかりさせた香川真司や岡崎慎司の2人はもっと攻撃的なプレーに貢献する必要がある。またディフェンスも、よりうまく、シンプルにボールを処理することが必要だ」と課題を指摘している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る