2014.06.07

W杯初戦の先発は…ザック「自分の中で確信したものはある」

ザッケローニ
ザッケローニ監督がザンビア戦を振り返った [写真]=Getty Images

 国際親善試合が6日に行われ、日本代表とザンビア代表が対戦。日本は前半に2点を先制されたものの、MF本田圭佑の2得点とMF香川真司の得点で逆転すると、一時は追いつかれたが、FW大久保嘉人の決勝点で4-3で競り勝った。

 試合後、アルベルト・ザッケローニ監督が以下のように勝利を振り返った。

 ザッケローニ監督は、2試合連続での逆転勝利について、「あまり内容は良くなかったと思っている。あまり満足はしていない。もう少しできるかなという印象を持っていたが、今日のようなプレーではなく、もっと良いプレーを出さないといけない」と、振り返った。

 2日のコスタリカ戦に続いて先制点を奪われる展開については、「入りのところが良くなかった。うまく試合の流れを読めないところはあった。フレンドリーマッチなので仕方がない部分もあるが、本番ではこのようにはなってはいけないと思う」と、反省の弁を述べた。

 そして、「なぜこういうことを言うのかというと、自分のチームの力をよくわかっているから。こんなものではなくて、もっとできると自分が一番思っている」と、選手たちへの信頼を口にしたうえで、「残り1週間、本番に向けてベストの状態で臨めるように準備をしていきたい」と、14日のコートジボワール戦を見据えた。

 コートジボワール戦の先発メンバーについては、「まだ1週間あるので、しっかりと時間をかけて決めていきたいとは思う」と、前置きしつつ、「自分の中で確信したものはあるのかなと。本当にこのチームのことを信頼しているし、選手たちはどのようなことをすれば勝利に近づけるかをよくわかっていると思うので、しっかりやってほしい」と、期待を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る