2014.04.27

香川が3試合ぶり今季3アシスト目…マンU、ギグス暫定監督初陣を快勝

香川真司
2得点目を挙げ、喜ぶルーニー(中央)と香川(左) [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第36節が26日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとノリッジが対戦した。

 22日にデイヴィッド・モイーズ前監督の退任を発表したマンチェスター・Uは、選手兼コーチの元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが暫定指揮官に就任。本拠地オールド・トラフォードで初陣を迎えた。ギグス監督はウェイン・ルーニーや香川、ダニー・ウェルベックらを先発に据えた。

 マンチェスター・Uは14分、左サイドからのパトリス・エヴラのクロスがファーサイドまで流れると、ダニー・ウェルベックがシュートを放つが、GKジョン・ラディのセーブに遭う。38分、香川が右サイドのフィル・ジョーンズへ展開すると、ファーサイドへのクロスボールに、走りこんだ香川が右足を伸ばして合わせたが、わずかに枠の左に外れた。

 迎えた41分、右サイドから中央へグラウンダーのクロスが送られると、ウェルベックが倒され、マンチェスター・UがPKを獲得。これをルーニーがきっちり決め、先制する。

 後半に入り、立ち上がりの48分、中央の香川が左サイドに開いていたルーニーにパスを出すと、ルーニーはカットインし、中央からミドルシュート。これがゴール右隅に決まり、追加点を得た。香川は第33節以来3試合ぶりの今シーズン、3アシスト目となった。

 60分にマンチェスター・Uはウェルベックを下げ、フアン・マタを投入。すると直後の63分、フィル・ジョーンズの右サイドからの低いクロスをマタが左足で合わせて、チーム3点目を獲得した。ギグス監督は、65分に香川を下げ、アシュリー・ヤングをピッチへ送り出すと、71分にもトム・クレヴァリーに代え、ハビエル・エルナンデスを投入し、交代枠を使い切る。

 マンチェスター・Uは73分にも加点。左サイドからのエヴラのクロスをファーサイドのアントニオ・バレンシアがダイレクトで折り返すと、マタがゴール前で頭で流し込み、試合を決めた。試合はそのまま終了し、マンチェスター・Uが4-0で勝利した。

 マンチェスター・Uはリーグ戦2試合ぶりの勝利。順位は変わらず7位のまま、勝ち点を60とした。一方のノリッジは5連敗となった。

【スコア】
マンチェスター・U 4-0 ノリッジ

【得点者】
41分 ルーニー(マンチェスター・U)
48分 ルーニー(マンチェスター・U)
63分 マタ(マンチェスター・U)
73分 マタ(マンチェスター・U)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る