FOLLOW US

首位を走る町田、スコアレスドローで勝ち点「1」を獲得…湘南は今季初のクリーンシート達成

2024.05.11

湘南と町田の一戦はスコアレスドロー [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 2024明治安田J1リーグ第13節が11日に行われ、湘南ベルマーレFC町田ゼルビアが対戦した。

 ここまで12試合を消化したリーグ戦で8勝1分3敗を記録し、勝ち点「25」の首位に立つ町田。J1初年度から快進撃を続ける同クラブは、前節の京都サンガF.C.戦を3-0の大勝で飾っており、3連勝を目指して敵地『レモンガススタジアム平塚』へと乗り込む。対する湘南は、降格圏と1ポイント差の17位につけており、サポーターの声援を背にホームで今季初の連勝を狙う。


 試合は、序盤から湘南が連続でチャンスを作り出す。4分に左サイドからのクロスに反応した池田昌生が左足で強烈なシュートを放つが、町田のGK谷晃生がセーブ。5分にはボックス手前での細かいパスワークから平岡大陽が左足を振り抜いたものの、ボールは枠の右へとわずかに外れてしまった。

 その後は、あらゆる場面で激しい接触が多発する強度の高いゲームを両者が展開。合計4枚のイエローカードが提示された前半は、湘南が町田を大きく上回る9本のシュートを放ったものの、GK谷の活躍もあり無得点のままハーフタイムに突入する。

 すると、後半立ち上がりの56分に町田がビッグチャンスを作り出す。右サイドバックの鈴木準弥が縦パスを差し込み、荒木駿太のフリックから平河悠が右サイドの裏に抜け出す。そのまま運んでクロスを送ると、飛び込んできたオ・セフンがワンタッチでネットを揺らすが、VARの介入により荒木のポジションがオフサイドと判断され、得点は取り消しとなった。

 勢いに乗る町田は、62分に左サイドの高い位置でボールを持った平河が鋭く縦に突破。左足で挙げたクロスを、途中投入された藤尾翔太が頭で合わせるが、高い打点から放たれたヘディングは、惜しくもクロスバーに直撃してしまう。

 一進一退の攻防が続くなか、両者ともに果敢にゴールへと迫るが、最後まで得点は生まれず試合は終了。0-0で勝ち点「1」ずつを分けあった。次節は15日に行われ、湘南はアウェイで柏レイソルと対戦。町田はホームでセレッソ大阪と対戦する。

【スコア】
湘南ベルマーレ 0-0 FC町田ゼルビア

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING湘南ベルマーレのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO