FOLLOW US

東京V、後半ATに追いつき勝ち点1を獲得…新潟は一度逆転も連勝ならず

2024.03.16

J1第4節で東京Vと新潟が対戦した [写真]=J.LEAGUE

 16日、明治安田J1リーグ第4節東京ヴェルディアルビレックス新潟が行われた。

 16年ぶりのJ1の舞台でここまで3試合を消化して未勝利の東京Vは、今シーズン初めて迎えたホーム『味の素スタジアム』で初勝利を目指す。一方アウェイの新潟はここまで2勝1敗。前節は名古屋グランパスに勝利を収めており、今シーズン初の連勝なるか注目が集まった。


 試合が動いたのは8分、東京Vは相手ゴール前でFKを獲得するとキッカーはMF山田楓喜。左足から放たれたボールは鋭い軌道で弧を描き、新潟のGK小島亨介の手を弾きながらもゴールネットを揺らした。山田の鮮やかな一撃で東京Vが先制に成功する。

 対する新潟の反撃は32分、左CKからファーサイドに位置していたFW谷口海斗が打点の高いヘディングシュートを放つと、カバーに入った相手DFのクリアを許さずゴールを記録。谷口の今シーズン2点目で試合は振り出しとなり、ハーフタイムを迎える。

 後半も一進一退の攻防が続いたが、次に得点が生まれたのは新潟だった。69分、相手DFラインのバックパスに反応したFW長倉幹樹がボールを奪うと、長倉はそのままボールを持ち出し右足でシュート。このボールがゴール右へと突き刺さり、新潟が逆転に成功した。

 このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、東京Vは右サイドからDF宮原和也が鋭いクロスを供給すると、ボールはファーサイドへ流れる。これを左サイドからペナルティエリア内にいたDF翁長聖がダイレクトでゴールネットを揺らし、東京Vは土壇場から同点に追いついた。

 試合は結局2-2で終了。両者勝ち点1を分け合う結果となった。

【スコア】
東京ヴェルディ 2-2 アルビレックス新潟

【得点者】
1-0 8分 山田楓喜(東京V)
1-1 32分 谷口海斗(新潟)
1-2 69分 長倉幹樹(新潟)
2-2 90+1分 翁長聖(東京V) 

山田楓喜の関連記事

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING山田楓喜のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO