FOLLOW US

川崎F下部組織出身の大卒ルーキー山内日向汰、デビュー戦で優勝「夢のような時間を過ごせた」

2024.02.17

川崎F 山内日向汰[写真]=金田慎平

 17日に国立競技場で『FUJIFILM SUPER CUP 2024』が行われ、川崎フロンターレはヴィッセル神戸を1-0で下して優勝を果たした。試合後、川崎Fの山内日向汰がミックスゾーンでメディア取材に応じた。

 山内は川崎Fの下部組織で育ち、桐蔭横浜大学へ進学。4年間で着実に力をつけて、今シーズンから古巣のトップチームへ帰還した。


 公式戦デビューが国立競技場でいきなりタイトルのかかった試合となった山内は、「子どものころからの夢だったプロサッカー選手の舞台で、非常にいい雰囲気でデビューできたことは、すごく夢のような時間を過ごせたなと思いますし、タイトルを獲った嬉しい気持ちがあるので、こういう思いを何度もできるように、練習をして試合に絡んでいけたらなと思います」と、今の気持ちを率直に明かした。

 そして、昨季のJリーグ王者である神戸と対戦した感想について、山内は「大学サッカーも非常に強度が高いですし、レベルも高いので、いつも通りにプレーするだけでしたし、そういう部分では緊張だったり、プレッシャーは感じずにできたのかなと思います。ただ、まだまだ足りない部分だらけなので、また一からやっていきたいです」と謙虚にコメント。

 ただ、「もっとやれるというのは自分の中でありましたし、今日のパフォーマンスではまだまだ満足できないです。スタメンに食い込むためには、もう一段階レベルを上げないといけないし、試合に絡みたいです。自分の間であったり、相手がより嫌がるプレーをもっとできると思いますし、もう少しボールを運べたり、シュートを打ったり、スルーパスも含めて、より相手の脅威になるプレーがもっとできると思うので、また突き詰めていきたいです」と貪欲に語り、「デビュー戦としては点数を高くつけてもいいかなと思いますが、普通の一選手としてみれば、50点~60点くらいだと思うので、スタメン組と争えるくらいのレベルになりたいです」と語っていた。

 スタメン11人全員を入れ替えながらも神戸に勝利、今季初タイトルを獲得した川崎Fは、20日に中2日でACLラウンド16・2ndレグの山東泰山戦に臨み、そこから中3日で、24日にJ1リーグ開幕節の湘南ベルマーレ戦に臨む予定となっている。

 

山内日向汰の関連記事

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO