FOLLOW US

磐田が1年でJ1復帰! 昇格PO準決勝は東京V対千葉、清水対山形に/J2最終節

2023.11.12

磐田が1年でJ1復帰! [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 明治安田生命J2リーグ最終節が12日に行われた。

 三つ巴の2位争いで最後に笑ったのは、ジュビロ磐田だった。栃木SCを相手に先制を許した磐田だったが、ドゥドゥと松本昌也のゴールで2-1の逆転勝利を収めた。そして、ライバルの清水エスパルス水戸ホーリーホックに痛恨のドロー。最終節で磐田が清水をかわして2位に浮上し、1年でのJ1リーグ復帰を果たした。

 東京ヴェルディ大宮アルディージャを2-0で下したものの、得失点差で磐田に及ばず3位フィニッシュ。清水は4位でレギュラーシーズンを終えた。

 そして、昇格プレーオフ進出争いでもドラマが起きた。勝ち点で並んでいた7位モンテディオ山形と6位ヴァンフォーレ甲府の直接対決は、63分に甲府がPKで先制。しかし、山形は82分に追いつくと、後半アディショナルタイム2分にデラトーレが逆転ゴールを挙げ、2-1で激闘を制した。8位V・ファーレン長崎ジェフユナイテッド千葉を3-1で下したものの、もう一つの必須条件であった山形vs甲府のドローは実現せず、奇跡の昇格プレーオフ進出とはならなかった。得失点差により、山形が5位、千葉が6位でレギュラーシーズンを終えた。

 王者のFC町田ゼルビアは、ベガルタ仙台に3-1の快勝で有終の美を飾った。そのほか、ロアッソ熊本大分トリニータいわきFCが勝利でシーズンを締め括った。

 なお、得点王は最終節で26ゴール目を決めた長崎のフアンマ・デルガドに。町田のエリキが18ゴールで2位、清水のカルリーニョス・ジュニオが15ゴールで3位と続いている。

 最終節の結果と最終順位表、昇格プレーオフの日程は以下の通り。

■第42節

▼11月12日(日)
ベガルタ仙台 1-3 FC町田ゼルビア
ブラウブリッツ秋田 1-1 徳島ヴォルティス
モンテディオ山形 2-1 ヴァンフォーレ甲府
水戸ホーリーホック 1-1 清水エスパルス
栃木SC 1-2 ジュビロ磐田
大宮アルディージャ 0-2 東京ヴェルディ
ジェフユナイテッド千葉 1-3 V・ファーレン長崎
ツエーゲン金沢 1-1 ファジアーノ岡山
藤枝MYFC 2-4 いわきFC
ロアッソ熊本 3-1 レノファ山口FC
大分トリニータ 2-1 ザスパクサツ群馬

■順位表

※()内は勝ち点/得失点差

1位 町田(87/+44)
2位 磐田(75/+30)
───────J1自動昇格───────
3位 東京V(75/+26)
4位 清水(74/+44)
5位 山形(67/+10)
6位 千葉(67/+8)
───────J1昇格PO───────
7位 長崎(65/+14)
8位 甲府(64/+10)
9位 大分(62/-2)
10位 岡山(58/0)
11位 群馬(57/0)
12位 藤枝(52/-11)
13位 秋田(51/-7)
14位 熊本(49/-1)
15位 徳島(49/-10)
16位 仙台(48/-13)
17位 水戸(47/-17)
18位 いわき(47/-24)
19位 栃木(44/-8)
20位 山口(44/-30)
───────J3自動降格圏───────
21位 大宮(39/-34)
22位 金沢(35/-29)

※金沢はJ3降格が決定。大宮はJ3リーグ2位クラブのJ2ライセンス保有状況次第

■J1昇格プレーオフ

【準決勝】
▼11月25日(土)or同26日(日)
東京V vs 千葉
清水 vs 山形

【決勝】
▼12月2日(土)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO