FOLLOW US

仙台、原崎政人監督の続投を発表「J2降格という結果をしっかりと受け止め…」

ベガルタ仙台は3日、原崎政人監督の続投を発表

 ベガルタ仙台は3日、原崎政人監督と協議の上で合意し、同監督が2022シーズンも引き続き指揮を執ることが決定したと発表した。

 現在47歳の原崎氏は現役時代に大宮アルディージャ、ベガルタ仙台などでプレーした。引退後は、大宮アルディージャの育成組織で指導者キャリアをスタートさせると、2012年にベガルタ仙台のコーチに着任。今シーズンは同クラブのヘッドコーチに就任すると、11月23日に退任した手倉森誠氏の後任として指揮を取っていた。

 明治安田生命J1リーグ第37節終了時点で5勝13分19敗の19位。J2リーグへの降格が決まった同クラブの再建を図る原崎氏は続投に際し、クラブ公式サイトでコメントしている。

「2022シーズン、指揮を執ることになりました、原崎政人です。コロナ禍で制限のある中、いつもベガルタ仙台を応援してくださり、また支えていただき、本当にありがとうございます。今シーズンはファン、サポーター、スポンサー、クラブに関わる全てのみなさまに辛い思いをさせてしまい、申し訳ありません。2週間ではありますが、監督として指揮を執っております。選手たちは私の練習に果敢にチャレンジし、真剣に取り組んでくれています。J2降格という結果をしっかりと受け止め、自分たちの責任は必ず自分たちで取り返すという思いを持って来シーズンを戦います。ベガルタ仙台を応援してくださる全てのみなさまへ。まずは最終戦、来シーズンに繋がる熱い試合をお見せします。ぜひ一緒に戦ってください。応援よろしくお願いいたします」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO