2015.05.01

【J1・1st第9節予想スタメン 柏vs清水】破壊力抜群の攻撃陣が絶好調…前節4得点で勢いに乗る柏が連勝を狙う

前節ゴールを挙げて好調を維持する工藤(左)と武富(中央) [写真]=Getty Images

■柏レイソル 前節は4得点で川崎に大勝、攻撃陣の好調は大きなプラス材料に

 第7節の鳥栖戦こそ、ACL全北戦の激闘から中2日、しかもロングアウェーということもあり疲労感の漂う試合になったが、直近の公式戦3試合を見れば、全北、鳥栖、川崎と力のあるチームに対し、2勝1分という好結果を残している。

 大谷秀和、鈴木大輔ら、代えの利かない選手たちは中2日、中3日での試合が続くため、体力的には相当消耗しており、けが人も多い状況で選手層に不安が残る。ただ、その中でも小林祐介、秋野央樹といった若手が良い働きを見せており、苦しい台所事情ながらも、それをあまり感じさせていない。

 前節の川崎戦は4-1という快勝も、セットプレーから先制を許した。これで柏は開幕戦の神戸戦以外は完封試合がなく、セットプレーやカウンターへの対応など守備に不安要素を抱える。また、川崎や全北は攻撃的に前へ出るスタイルだったが、今節対戦する清水が自陣に引いてスペースを消し、さらに柏の高いディフェンスラインの裏をカウンターで狙うとなると、これまでの試合でも露呈した守備面の課題がどこまで克服されているのかが問われることになる。

 それでも、攻撃陣は依然として絶好調だ。前節ゴールを挙げた好調の工藤壮人と武富孝介に加え、レアンドロ、クリスティアーノが形成するアタックは破壊力と迫力がある。川崎戦でも見せたように、安定した守備と迫力のある攻撃を両立させ、連勝を飾りたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-3-3
GK
菅野孝憲
DF
キム・チャンス
鈴木大輔
エドゥアルド
輪湖直樹
MF
武富孝介
茨田陽生
大谷秀和
FW
工藤壮人
レアンドロ
クリスティアーノ

■清水エスパルス 連敗を止めた清水、ウタカやデュークらを中心に勝ち点を狙う

 4月29日の山形戦では、今季初めて3バックを採用した大榎克己監督だが、その狙いは「選手1人1人の役割をはっきりさせる」こと。つまり、マークすべき選手をはっきりさせるために、山形に合わせて3バックを採用したわけだ。そう考えると、4-3-3で戦っている柏に対しては、3バックよりも4バック、さらにボランチも2枚のほうが合わせやすいだろう。ただ、過密日程の中でメンバーも試合ごとに変わっており、システムも試合前日に変わるなどして、多少の混乱が見られる。

 しかし、それより問題なのは、後半になって前線からプレッシャーが弱くなると、そこからリズムを崩していくこと。その後は主導権を握れなくなり、山形戦はアディショナルタイムを含めたラスト9分で3失点し、今季2勝目を逃した。1点目を取られた後の慌てぶりを見ても、やはり選手が自信を失っていることが感じられるし、2点目はまたセットプレーから奪われている。

 だが、攻撃に関しては明るい材料も見られる。ピーター・ウタカとミッチェル・デュークの調子が上がって前で起点を作れるようになり、八反田康平や竹内涼といったパサーも負傷から復帰してボールの流れが良くなってきた。山形戦では今季初めてセットプレーから得点が決まり(キッカーは八反田)、開幕戦以来の3得点。勝ち切ることはできなかったが、連敗を止めたことは収穫だ。そうした良い面を伸ばし、悪い面を修正して、ひとつずつでも勝ち点を積み上げていくことが、今の清水にとってもっとも重要となる。(前島芳雄)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
杉山力裕
DF
枝村匠馬
ヤコヴィッチ
平岡康裕
福村貴幸
MF
本田拓也
八反田康平
ミッチェル・デューク
大前元紀
白崎凌兵
FW
ピーター・ウタカ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る