2015.04.16

鹿島DF植田がJ初ゴール…柴崎の鋭いFKから自慢のヘッドで豪快弾

植田直通
圧倒的なフィジカルを武器に成長を続ける植田 [写真]=Getty Images

文=青山知雄

 自慢の強烈ヘッドがついにゴールネットを揺らした。

 鹿島アントラーズDF植田直通が16日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節の柏レイソル戦で前半アディショナルタイムに先制点をマーク。追加招集でAFCアジアカップの日本代表に加わったプロ3年目の若きセンターバックにとっては、J1リーグ戦26試合目にして待望のJリーグ初ゴールとなった。

 クラブが誇る歴代のセンターバックに刺激を受けての一発だった。練習後にストレッチをしている際に鹿島の名場面を集めた映像が流れており、そこで秋田豊や岩政大樹、中田浩二らセンターバックの得点シーンが流れていたという。植田は兼ねてから「自分の持ち味は強さ。そこは負ける気はない」と語るほどのフィジカルを持ち、空中戦の強さが評価されてきたが、これまでゴールを決めることができていなかった。歴戦の勇者たちの得点シーンを見たことで、この柏戦に向けて「絶対に決めてやろうと思っていた」と気持ちを新たにしていたという。

 そして迎えた前半アディショナルタイム、柴崎岳が右サイドから入れた鋭いFKに飛び込み、得意のヘディングで豪快にゴールネットを揺らした。待ち望んでいた一発を「目の前にスペースがあったので、ここに来れば取れると思っていた。練習試合でも僕を狙って蹴ってくれていたし、かなりいいボールが来た。岳くんに感謝です」と振り返った。そしてチームメートから手厳しい祝福を受けたことに関しては、「どう喜んでいいか分からなかった。チームメートのみんなには『やっと決めたか!』って強めに叩かれましたけど、あれが鹿島の喜び方なんで」と笑顔で語った。

 この試合は日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が視察。鹿島でスタメン争いの渦中にあり、3月の代表合宿はU-22日本代表と活動時期が重なったこともあって不選出だった植田は、指揮官の視察について聞かれると、「日本代表にはまだまだ。スタメンを争う中で結果を出せたことは良かったし、勝てたことが一番だけど、1失点しているのも事実。もっと練習していかないと」と厳しい表情も覗かせた。来週火曜にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦が控える。オーストラリア遠征を見越しての変則日程となったが、この柏とのアウェーゲームを「厳しい試合でしっかり勝てた」と評価。そして「ここからオーストラリアへ移動しての連戦で若い力も必要になる。自分もしっかりと結果を出していきたい」と逆転でのACLグループステージ突破に向けて視線を上げていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る