2015.04.03

【J1・1st第4節予想スタメン 柏vs横浜FM】相性面で横浜FMを圧倒する柏、レアンドロの合流も大きなプラス材料に

レアンドロ(左)の復帰は柏の大きなプラス材料 [写真]=Getty Images

柏レイソル 横浜FMとの相性は抜群、地の利も味方に白星を狙う

 前節の新潟戦で、柏はACLを含めた今季公式戦初黒星を喫した。新潟のプレスにビルドアップが封じられ、中盤でボールを奪われると、高いディフェンスラインの背後をカウンターで突かれるという課題を曝け出した。

 しかし、選手たちは敗戦を受け止め、浮かび上がった課題の修正に前向きに取り組んでいる。ナビスコ杯の試合がなかった柏は、試合間隔が2週間開いたため、その間に課題の修正及び、チーム戦術の確認と微調整に時間を費やし、「充実の2週間を過ごせた」(工藤壮人)という。

 今節は、戦術のキーマンである茨田陽生を出場停止で欠く。また、大津祐樹が今週のトレーニングでは別メニューになっていたことから、出場を回避する可能性も出てきた。主力の彼らを欠くことは痛手だが、一方で疲労蓄積により第2節の仙台戦と前節の新潟戦を回避したレアンドロが完全合流し、スタメン出場が濃厚。替えの利かない存在だけに、エースの復帰は柏の攻撃力を間違いなく増幅させる。

 柏は、横浜FMと抜群の相性の良さを誇り、リーグ戦では2008年のJ1第30節を最後に負けなし。カップ戦を含めると、2009年以降は8勝6分1敗という圧倒的な数字を残している。この相性の良さと、1年間ホームでは負けていない地の利を生かし、開幕戦以来のリーグ戦白星を飾りたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-3-3
GK
菅野孝憲
DF
藤田優人
鈴木大輔
エドゥアルド
輪湖直樹
MF
武富孝介
大谷秀和
太田徹郎
FW
工藤壮人
レアンドロ
クリスティアーノ

横浜F・マリノス 攻撃陣の起用変更で得点力不足解消なるか

 今季初白星を挙げた前節の鳥栖戦は、攻めて押し込む時間帯が長く、1-0というスコア以上の完勝。相手を上回る気迫の守備とハードワークは、選手たちに自信を生んだはず。実際、その後のナビスコ杯清水戦は2-0で勝ち、チームが作り出すムードは良好。今節は過去10試合のリーグ戦で6分4敗と苦手の柏が相手だが、敵地で7シーズンぶりの勝ち点3を奪い、負の歴史を止めたい。

 リハビリ中の中村俊輔ラフィーニャの不在は痛く、リーグ戦はここまでの3試合で2得点。連係面での課題は残るが、今週は攻撃陣をテコ入れして臨む。これまでトップ下だったアデミウソンは1トップへ。最前線の齋藤学は昨季の主戦場である左MFへポジションを移動。トップ下には、3年目の喜田拓也が起用される見込みだ。

 未だ公式戦でノーゴールのFW陣だが、齋藤はナビスコ杯清水戦でポストを叩く惜しいシュートが2本あった。4日の柏戦当日は25歳の誕生日。慣れ親しんだサイドで再びプレーすることは精神面でもプラスに働きそうで、本人も「ゴールは近づいている。点を取りたい」と強い覚悟を示した。清水戦で負傷交代していた右サイドバック小林祐三は軽傷で、彼が出場できることもプラス材料。上位とはまだ差がなく混戦模様。上昇気流を確かなものとする連勝がほしい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
栗原勇蔵
中澤佑二
下平匠
MF
ファビオ
三門雄大
兵藤慎剛
喜田拓也
齋藤学
FW
アデミウソン

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る