2014.04.25

【J1第9節直前情報 柏vs浦和】浦和戦2連勝中の柏、“Wレアンドロ”不在の影響はいかに

浦和戦の欠場が濃厚となっているレアンドロ(左)とレアンドロ・ドミンゲス [写真]=Getty Images

■柏レイソル 懸念材料は“Wレアンドロ”の不在

 今季の柏は、レアンドロ・ドミンゲスとレアンドロ、高い個の能力を持つ2人のブラジル人、通称“Wレアンドロ”が最大のストロングポイントだった。しかし、相変わらずレアンドロ・ドミンゲスは練習に不参加。レアンドロも前節の横浜FM戦で負傷し、今節は欠場する見込み。ただでさえ引き分け続きで勝ち切れない試合が多く、攻撃は依然として迫力不足というのに、頼みの綱である2人のブラジル人を欠く柏は、今まさに窮地に追い込まれている。

 しかし、「チームにとっては痛手だけど、僕たちにすればチャンス。試合に出られるようにアピールをしていく」と、2年目を迎える秋野央樹、小林祐介のモチベーションが高く、さらに「チャンスをもらえたら、絶対に結果を残す」と彼らは一段と熱を込め、練習に励んでいる。仮に彼らが試合に出ないとしても、若手選手による底上げはチーム力の向上を促すための起爆剤になり得るだろう。

 今節は太田徹郎の今季初スタメンが予想されているが、太田だけでなく、ここ数試合で途中出場の続く茨田陽生が調子を上げていることは好材料。また、迫力不足の攻撃面とは対照的に守備面では安定しており、近藤直也、菅野孝憲のパフォーマンスレベルは安定して高い。したがって、粘り強い守備をし、訪れた少ないチャンスを攻撃陣がしっかりと決め切ることができるかが、勝負のポイントになりそうだ。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 菅野孝憲
DF
4 鈴木大輔
3 近藤直也
23 渡部博文
MF
13 高山薫
8 ハン・グギョン
7 大谷秀和
22 橋本和
26 太田徹郎
18 田中順也
FW
9 工藤壮人

■浦和レッズ 公式戦5連勝中と好調を維持

 浦和はこのところ好調だ。4月は公式戦負けなしの5連勝中。直近の試合はJ1で最もパスワークの優れる攻撃的な川崎との一戦だったが、勇気を持って前からボールを奪いにいく時間、割り切って我慢強く守る時間と、メリハリをつけて戦うことができていた。特に終盤は防戦一方となったが、泥臭くゴールを守り抜く姿からは、高い集中力と気迫が感じられ、チーム状態の良さを窺わせた。

 ただ、好調とは言っても、浦和にとって柏がやりにくい相手であることに変わりはない。柏は川崎のように正面からぶつかってくるタイプではなく、相手の良さを消し、相手の弱点を狙う狡猾なチームだ。実際、浦和は昨年のナビスコ杯決勝で、自分たちの良さを消されて黒星を喫し、今年のナビスコ杯でも強みを封じられ、脆いところを突かれた。

 今回もこれまで同様、両チームのフォーメーションがガッチリと噛み合う中で試合が進んでいくだろう。ペトロヴィッチ監督もそうなることを予想し、今週の練習ではオフェンス5枚vsディフェンス5枚になったところからの崩し方を選手たちにレクチャー。その準備が実るかどうかは、この試合の注目ポイントとなる。

 川崎戦でハムストリングを負傷した槙野智章が欠場濃厚なのは痛いが、代役候補の濱田水輝がこのところ成長を感じさせているのは心強い。カウンターとセットプレーを警戒すべき展開になることが予想されるため、濱田の守備力に掛かる期待は大きい。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 西川周作
DF
46 森脇良太
4 那須大亮
12 濱田水輝
MF
7 梅崎司
8 柏木陽介
22 阿部勇樹
3 宇賀神友弥
30 興梠慎三
9 原口元気
FW
20 李忠成

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る