2014.03.28

【J1第5節展望&予想スタメン】柏vs大宮 リーグ戦初勝利を挙げた柏、難敵を下し連勝なるか

レアンドロ(左)や工藤ら強力アタッカーを擁する柏 [写真]=Getty Images

■柏レイソル 強力アタッカー陣の本領発揮に期待

 前節の徳島戦で、ようやく今季リーグ戦初勝利を挙げた。大谷秀和が「とにかく勝ったことが最大の収穫」と話していたとおり、勝ち点3を手にしたことは、これから巻き返しを図る上で非常に大きかった。

 ただし、試合内容に関しては、必ずしも満足のいくものではない。ポゼッションで徳島を圧倒しながら、引いた相手の守備ブロックを崩すことに手こずり、押していたわりには決定機の少ない試合となった。工藤壮人、レアンドロ・ドミンゲス、レアンドロ、田中順也の4人をどう組み合わせるのがベストなのか、いまだ模索中といったところ。攻撃の形も中央突破に固執するあまり相手の守備網に引っ掛かり、それが原因でカウンターを浴びるケースも目に付く。もう少しサイドを使う、あるいはミドルシュートを放つなどのメリハリが必要だ。

 一方で、カウンターを浴びた場面でもGK。菅野孝憲を中心とした守備陣が粘り強く守り、完封という形でディフェンス面における安定は印象付けた。まだ模索中の攻撃陣もネガティブな要素ばかりではない。レアンドロにようやく移籍初ゴールが生まれたのは朗報だろう。彼がフィットすれば、工藤、レアンドロ・ドミンゲス、田中とで形成する攻撃陣は間違いなくリーグ屈指の破壊力を誇示するはずだ。

 大宮にはアウェイでは連勝中も、本拠地では3連敗と、相性の悪さが気になる。この流れを断ち切り、2008年以来となるホーム戦白星を挙げたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
GK
21 菅野孝憲
DF
4 鈴木大輔
3 近藤直也
23 渡部博文
MF
13 高山薫
8 ハン・グギョン
7 大谷秀和
22 橋本和
9 工藤壮人
10 レアンドロ・ドミンゲス
FW
11 レアンドロ

■大宮アルディージャ 前節は大量得点を記録、無失点もディフェンス陣の自信に

 仙台戦をで4-0と圧勝した大宮。今季ホーム初勝利に加えて2連勝とチームの勢いは増している。「練習だけではない、ロッカーの雰囲気も違う」と若手GK川田修平。若手選手が思い切ってトライできる雰囲気ができており、好結果がチームの底上げに及ぼす影響は計り知れない。

「4点取ったことよりも無失点で抑えたことが何よりも嬉しい」(片岡洋介)とDF陣にとっては無失点が自信につながる。無失点に貢献したGK北野貴之は「コーチングの技術を上げている。的確に1つの言葉で簡潔に選手に伝える。そのことで今まで3回必要だったコーチングが1回で済む。結果的に今まで伝えられなかったことまで伝えられるようなっている」。ここは柏戦でも注目して欲しい部分で、さらに守備が安定していると自信をのぞかせていた。しかし、相手は昨季のナビスコ杯優勝を成し遂げた柏だ。4年連続でタイトルを獲得している強豪である。「ネルシーニョ監督が長い時間を掛けて作り上げたチーム。前にタレントも揃えていて、難しい試合になる」と、渡邉大剛は勝利した2試合のようにはいかないと言い、より一層の努力が必要だと話した。

 さらに北野はこう指摘する、「まだ自分たちから攻撃的な守備をしていない」。守備をさせられている状態ではメンタル的にも厳しくなってくる。北野は相手が攻めているようでも、実はそうさせているという守備の完成を模索している。また、今季4試合ではパスのタイミングが遅れることが多く、ゴールに直結するプレーがオフサイドになるシーンが目立った。攻撃面でも、まだまだ改善が必要だ。次の柏戦、敵地で今の勢いが保てるかどうか。3連勝をかけて激しい一戦が予想される。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
1 北野貴之
DF
27 今井智基
2 菊地光将
17 高橋祥平
14 中村北斗
MF
41 家長昭博
34 片岡洋介
23 金澤慎
10 渡邉大剛
FW
11 ズラタン
20 ラドンチッチ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る