FOLLOW US

期限付き移籍中の徳島FW大崎淳矢、広島から完全移籍加入

徳島FW大崎淳矢(中央)が完全移籍加入 [写真]=Getty Images

 サンフレッチェ広島から徳島ヴォルティスへ期限付き移籍で加入しているFW大崎淳矢が、徳島へ完全移籍することが決まった。10日に両クラブが発表した。

 大崎は1991年生まれの22歳。広島の下部組織出身で、2010年にトップチームに昇格した。徳島に期限付き移籍で加入した2013シーズンは、リーグ戦41試合出場8得点と天皇杯1試合出場を記録した。

 完全移籍にあたり、大崎は広島に対して、「このたび、徳島ヴォルティスに完全移籍することになりました。サンフレッチェ広島には、ユースのときからお世話になり、広島ビッグアーチでプレーすることが目標で、夢でもありました。皆さんの前でプレーできなくなるのは、かなり寂しいですが、また広島が必要としてくれる選手になれるように、これからも頑張ります」と、コメント。

 徳島に対しては、「このたび、完全移籍することになり今年もヴォルティスでプレーできることを嬉しく思います。必要としてくれていると感じましたし、そのチームでプレーできるのはサッカー選手として一番幸せなことなので、完全移籍を決めました。がむしゃらなプレーでチームに貢献し、自分の良さを最大限出していけるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と、抱負を語った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA