2015.04.20

マンUのOBアーウィン氏、自身と同じ左SBの長友は「攻撃的で良い選手」

アーウィン
万田発酵本社で取材に応じたアーウィン氏 [写真]=秋田陽康

 19日、本州と四国をつなぐ、瀬戸内しまなみ海道を中心に自転車ツーリングイベント『万田発酵Presents グラン・ツール・せとうち 2015』が開催され、特別協賛した万田発酵株式会社と公式栄養サプリメントパートナー契約を締結しているマンチェスター・Uのレジェンド選手である元アイルランド代表DFデニス・アーウィン氏が出席した。

 今年で3回目を迎えた同イベントは、自転車で走るのみならず、参加者同士・地域住民との交流を大きな柱としており、“サイクリストの聖地”と呼ばれている瀬戸内しまなみ海道で開催。コースの途中、因島にある万田発酵本社は補給地点となり、参加者が一息つく時も。同社は2013年からマンチェスター・Uと公式栄養サプリメントパートナー契約を締結し、今年で3年目を迎えているが、「ユナイテッドミュージアムin因島」がイベント当日限定で開催され、ツーリングの途中でクラブの歴史に参加者が触れられるコーナーも設けられた。

 アーウィン氏は同ミュージアムを訪問。展示されていたクラブの歴史を振り返る本や、“トレブル”(三冠)を達成した1998-99シーズンのチャンピオンズリーグ決勝のチケットを見て、当時に思いを馳せた。

 同場所でアーウィン氏は取材に応じ、日本代表の印象について問われると、開口一番「ベリーグッド!」と答えると、「アイルランド代表よりも良いね。ブラジル・ワールドカップにも出場した。アイルランドは出られていない。日本はクラブチームも良いサッカーをしていると思う」とコメント。

 日本の印象的な選手については、「カガワだ」と昨シーズンまでマンチェスター・Uに在籍していた現ドルトムント所属の香川真司の名を挙げ、「残念ながら2年間しかプレーすることはできなかったが、すごく良い選手だった」と振り返った。

 その他選手では、自身が主戦場としていたポジションと同じ左サイドバックを中心にプレーしているインテルの日本代表DF長友佑都を挙げ、「攻撃的でボールの扱いなどが良い選手だ」と話している。

 また、日本でこれから飛躍を誓っている若い選手へのアドバイスを求めると、「まずは練習だ。それからコーチの言うことをよく聞くこと。楽しんでサッカーをしてほしい。偉大なスポーツだしね」と指南した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る