2014.11.24

ブラインドサッカー世界選手権、ブラジルが2連覇達成/大会最終日

「IBSA ブラインドサッカー世界選手権 2014」の最終日が、24日に国立代々木競技場フットサルコートで行われた。

 ブラジルとアルゼンチンの南米決戦となった決勝は、延長の末にブラジルが1-0と勝利。2連覇で、通算4度目の優勝を果たした。なお、優勝国に与えられる2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックの出場権は、ブラジルが開催国枠での出場が決まっているため、2位のアルゼンチンが獲得。ブラジルのリカルド・アウベスが大会最優秀選手に選ばれた。

 開催国の日本は、5位決定戦でパラグアイと激突。0-0から迎えたPK戦で0-1と敗れ6位となったが、2006年大会での7位を上回り、過去最高成績を収めている。

 最終日の結果は、以下のとおり。

コロンビア 1-0 ドイツ(7位決定戦)
パラグアイ 0-0(PK 1-0) 日本(5位決定戦)
スペイン 0-0(PK 2-0) 中国(3位決定戦)
アルゼンチン 0-0(延長 0-1) ブラジル(決勝)

最終順位
1位 ブラジル
2位 アルゼンチン
3位 スペイン
4位 中国
5位 パラグアイ
6位 日本
7位 コロンビア
8位 ドイツ
9位 フランス
10位 韓国
11位 トルコ
12位 モロッコ

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る