FOLLOW US

[山形中央]兄譲りのエアバトル、精度の高いロングフィード…全国で活躍目指す2年生DF【高校サッカー選手権】

堅守を支える2年生DF庄司宙ノ介 [写真]=小林健志

 3年ぶりの選手権出場を決めた山形中央。ボールポゼッションを意識しているチームだが、今季の特長は堅守。県選手権準決勝の羽黒戦、決勝の米沢中央戦も無失点で終えており、守備に安定感がある。

 ディフェンスリーダーとして活躍しているのはDF竹田憂斗(3年)だ。今季の山形中央は山形県リーグを戦ったが、昨季まで2年間プリンスリーグ東北に出場していた。「竹田はプリンスリーグで多くの経験を積んできました」と羽角哲弘監督も語った通り、強豪揃いのプリンスリーグ東北で1年生から強度の高い試合経験を積んできた竹田の働きは大きい。竹田自身も「1年生から試合に出させていただいているので、みんなより経験は多いです。ヘディングは自分の自信のあるところで誰にも負けません」と的確なカバーリングとヘディングの強さ、ロングフィードの精度の高さで守備陣を統率している。

 そして、その竹田とコンビを組むDF庄司宙ノ介(2年)も抜群の安定感を誇る。「試合を重ねる度に安定感を増していきました。今後さらに良いセンターバックになると思います」と羽角監督も成長を認めるセンターバックは、身体能力の高さを生かしてヘディングの競り合いで強さを見せ、守備の安定に寄与している。2年生ということでまだ荒削りな面もあるが、その分伸びしろも大きい。「個人的に空中戦は得意ではないと思っています」と言うが「一つひとつ競り勝つことで流れが変わってくると思い、絶対勝とうと思って競っていました」と必死で競り合ったことで決勝の勝利を呼び込んだ。また、モンテディオ山形ジュニアユース村山出身ということもあり、足下の技術も優れており、精度の高いロングフィードやショートパスで攻撃の起点としても活躍している。

 庄司の兄はモンテディオ山形ユースFW庄司夢ノ介(3年)。夢ノ介はFWとして競り合いの強さと抜群の得点感覚を生かし、今季のプリンスリーグ東北で得点王に輝き、チームを初のプレミアリーグプレーオフ出場へと導いた選手で、将来が嘱望されている。10月のJユースカップでは兄の応援へと駆けつけた。「自分は兄とは全然違うと思いました」と兄の存在感に圧倒されていたが、「大きな刺激になりました」と語っている。

 兄に負けない活躍を全国の舞台で見せられるか。「今回は(竹田)憂斗さんに助けられてきましたが、全国では逆に助けるプレーを見せたいです」。守備の安定と攻撃の起点としての役割を担う庄司のプレーに注目だ。

取材・文=小林健志

BACK NUMBER第98回全国高校サッカー選手権大会 出場校のバックナンバー

MORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNOMORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNO

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA