2018.12.26

<尚志>悔しさを糧に…プレミア昇格導いた2年生FW染野唯月の覚醒に注目【選手権出場校紹介】

来年のプレミアリーグ参入を決めた尚志 [写真]=安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 チームの大黒柱とも言える2年生エースが、選手権を前に“エースの大仕事”をやってのけた。

 FW染野唯月は鹿島アントラーズジュニアユースつくばからユースに昇格出来ず、巻き返しを誓って福島にある尚志にやってきた。もっと大きく成長をして、ユースに上げなかった周りを見返したい。覚悟を決めて越境をして来た男は、悔しさを力に変えて着実に成長。ずば抜けた身体能力を生かしたヘッドと、胸でボールを収めてから周りに正確なボールを送るポストプレーに磨きをかけ、今年はU-17日本代表に選ばれると、プリンスリーグ東北を制し、12月の高円宮杯プレミアリーグ参入戦に臨んだ。

「アントラーズユースと戦うためには、僕らがプレミアに上がらないといけない。同じリーグで戦って、見返したい想いは強い」

 気迫十分で臨んだ一回戦のJFAアカデミー福島U-18戦で、いきなりのアクシデントに見舞われる。ルーズボールに対して突っ込んだ染野の頭に、相手の足が入ってしまい、頭部を裂傷。一度は止血してプレーを続けたが、そのままピッチに倒れ込み、病院に救急搬送された。幸い大事には至らず、4センチほどの傷口をホチキスで止める処置を施した。

 チームは1-1からのPK戦を勝利し、横浜Fマリノスユースとの参入決定戦に進出。医師から出場可能の判断をもらった染野は、「絶対に自分が決めて、プレミアリーグに昇格したかった」と、仲村浩二監督に出場を直訴した。

 さすがにスタートからの出場は厳しかったが、0-1の状況で迎えた後半頭から投入されると、「自分が点を決める、チームを勝たせるということしか頭に無かった」と立ち上がりから鬼気迫る表情で前線を動き回った。

染野唯月

横浜FMユースとの参入戦で活躍した2年生FW染野唯月 [写真]=安藤隆人

 激しいプレスと前線での正確なポストプレーで、徐々に流れをチームへ引き寄せると、60分には強烈なフォアチェックから相手のオウンゴールを誘発。試合を振り出しに戻すと、後半アディショナルタイム直前の90分には、左CKに対してゴール前に猛然とダッシュして飛び込むと、ケガをしているとは思えないほど強烈、かつ高い打点のヘッドで値千金の逆転ゴールを突き刺した。

 絶対に昇格をする。この強い意思がゴールと勝利を引き寄せ、チームは来季のプレミアリーグ参入を果たした。

「自分が前線で起点を作ることができたと思います。決勝ヘッドはもう狙い通りでした。ヘッドの時はちょっと痛みがありましたが、この後はしっかりと治して、万全の状態で選手権に臨みたいです。選手権を前にJユースカップの王者でもあるマリノスユースに自分のゴールで勝てたことは、本当に大きな自信になります。ジュニアユース時代もマリノスには負けていたので、本当に嬉しいです」

 絶対的なエースストライカーが選手権を前にさらに覚醒をした。この年代の選手はちょっとしたきっかけで短期間でも劇的に伸びる。まさに彼は今その真っ只中にいる。冬の大舞台で周りを唸らせる、インパクト十分の活躍を見せるかもしれない男から絶対に目を離してはいけない。

取材・文=安藤隆人

【選手権出場校紹介】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング