FOLLOW US

<立正大淞南>「物が違う」クレバーな司令塔・山田真夏斗に期待【選手権出場校紹介】

立正大淞南の2年生司令塔・山田真夏斗 [写真]=森田将義

 パッと見ただけでは凄さが分からない。179センチの身長と正確なスルーパスが売りのコンダクターとして注目されるが、魅力はそれだけには留まらないのが立正大淞南のMF山田真夏斗(2年)だ。複数のJリーガーを育ててきた南健司監督が、「はっきり言って、ちょっと物が違う」と一目置いており、選手権を機に一気に注目を浴びる存在になっても不思議ではない要注目の司令塔だ。

 彼の凄さが分かりにくいせいか、県予選でも対策を講じてきたのは、1チームだけ。その試合でも決定機を何度も演出したため、南監督は「なぜ、こんなにフリーにさせたのだろう?」と思っていたそうだが、ビデオを見直すと、山田が相手の猛烈なプレスをいとも簡単に外していたという。決して運動量が多いようには見えないが、細かな移動を繰り返しながら、ここぞという場面でスピードを上げて、ボールを引き出す。受けた瞬間にマークを簡単にかわすため、相手がかわされているようには見えないのだ。決して派手なプレーは多くないが、ツボを得た動きは“サッカーをよく知っている”という表現が的確だ。

 中学時代も滋賀県選抜に選ばれていたが、県内での評価が突出して高い選手ではなかった。立正大淞南への入学を選んだのは、中学3年生の時に同じ中学校だった1歳年上のDF山田祐樹が全国の舞台で活躍していたのが刺激になったため。入学してすぐ南監督にその能力を認められると、ルーキーながらもコンスタントにAチームでプレーした。持ち味のスルーパスに確かな手応えを得る一方で、「1年生というのもあって、自分がやりたいプレーを言えなかった。先輩に頼りっぱなしで自分は何も出来なかった」

「上に行くためには中心選手にならないといけない」と意気込む今年は、活動量を増やし、より持ち味が出せる選手への変貌を誓った。プリンスリーグ中国でも、違いを感じさせるプレーを続けてきたが、インターハイはコンディション不良により、持ち味を発揮出来たとは言い難い。それだけに今回の選手権にかける想いは人一倍強い。「選手権は2年連続で、初戦敗退が続いているので、自分らがその流れを変えなければいけない。1回戦では、負けられないし、3年生を中心に一つでも上に行きたい」と話すように、チームの勝利を自身の名刺代わりにするつもりだ。

取材・文=森田将義

BACK NUMBER【選手権出場校紹介】のバックナンバー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO