2018.12.21

<高知西>「体育の授業も手を抜かない」、期待背負う2年生MF中山脩麻【選手権出場校紹介】

中山脩麻
高知西の2年生MF中山脩麻 [写真]=森田将義
育成年代を中心に取材を続けるサッカーライター

 2年生ながらも、主力の自覚は十分。チームで唯一、プリンスリーグ四国で全試合にフル出場を続けるのが、高知西のMF中山脩麻だ。香川真司(ドルトムント)を憧れの選手として挙げる彼の長所は、躍動感溢れるドリブル。推進力に満ちる突破で相手を引き付けてから、パスで決定機を演出するのが最大の持ち味だが、「日常生活をどうサッカーに活かせるか考えるタイプ。だから、体育の授業でも手を抜かないし、マラソンでも上位に入る」(寺尾拓監督)という性格も彼を語る上で見逃せないポイントだ。

 高知西では入学当初から指揮官に期待され、コンスタントに出場機会を掴んできたが、昨年の選手権予選では、「プレッシャーに潰されないように」(寺尾監督)交代の切り札として起用された。指揮官の期待に応え、チーム史上初の全国大会出場に一役買うと、選手権でも後半途中からピッチに立ち、充実した高校生活初年度を終えた。

 数少ない選手権経験者として挑む今年は、「昨年は試合に出られなかったり、途中出場が多かったけど、今年はフルで試合に出られて、責任が生まれた」。攻撃の核として期待されながらも、インターハイは守備の時間が長いプリンス四国と攻める時間が長い県大会とのギャップに苦しみ、予選のベスト8で涙を飲んだ。

 選手権を見据えた夏以降は、プリンス四国仕様だったロングボール主体の攻撃を見直し、チーム全体でのビルドアップに注力。攻撃的なポジションが多かった中山もボランチが定位置になり、よりチーム内での重要度が増した。「トップ下でのプレーが一番やりやすい」と話すものの、「前で自由にやらせてもらっている感じだったけど、今年は攻撃も守備も両方頑張ろうと意識している」彼にとっては適所と言える場。予選では攻守で奮闘し、2年連続での選手権出場に貢献した。

 昨年以上にチームへの貢献度は増しているが、予選決勝で見せたプレーからは中心選手として気負い過ぎて、空回りしているようにも見えたのも事実だ。攻守に顔を出しながら、どれだけ持ち味である突破を発揮できるかが、昨年果たせなかった全国大会初勝利の鍵になるはずだ。

取材・文=森田将義

【選手権出場校紹介】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング