FOLLOW US

【インハイプレビュー】”植田直通2世”が全国区へ…スポーツ万能DF吉村仁志(大津)

様々なスポーツから培った 運動能力が武器の吉村仁志(大津) [写真]=川端暁彦

 小さい頃からサッカースクールに通い、専らサッカーに特化して習熟していく選手の多くなった昨今だが、中にはいろいろなトライを重ねた「スポーツ万能」の選手もいる。大津高校のU-18日本代表DF吉村仁志もその一人。幼少期は野球、その後はバスケットボールも嗜み、水泳も続けていた上で、もちろんサッカーもやっていた。その中で培った運動能力と身体操作感覚の鋭敏さが、教えられない武器となっている。

 出身地区の先輩には日本代表DF植田直通がおり、「小さいときから近所でも有名だった」(吉村)選手に対して自然と憧れの感情を持っていた。もっとも「小学校のときはサッカーじゃなくてテコンドーのほうで有名だった」そうなのだが、身近な存在だった植田の出世譚を耳にしながら、「いつか俺も」との思いを胸に秘めてトレーニングに励んできた。大津高校を進路に選んだのは、自然な流れだった。

 平岡和徳総監督は、当時のことを「まっさらな状態で入学してきて、植田をすぐに思い出したよ」と笑って振り返る。クラブチームに所属していたわけではなく、普通に部活動でサッカーをしていた吉村にとって、技術・戦術の両面で大津の基準は高く、1年目は大いに苦戦を強いられた。だが、「スポンジのように何でも吸収する力があった」(平岡総監督)。

 元より素の能力は高い。183cmの長身に加えて「全身がバネ」(同総監督)という筋肉を活かしたヘディングや競り合いの強さなど魅力は十分にあった。DFとしてポジショニングやコーチングなど基礎から叩き込まれつつ、昨年は高円宮杯プレミアリーグWESTで高校年代トップレベルも体感。「Jのユースとか本当に上手くて……」という相手にきりきり舞いさせられることも多かったが、その中で学びを得て改善していく力も見せることとなった。

 苦手意識を持ってしまっているビルドアップなどまだまだ課題も多い選手なのは確かだが、6月にはU-18日本代表にも初選出され、ポルトガルで行われた国際ユース大会にも参加。チームにとっても吉村個人にとっても少々苦い結末となってしまった大会だが、そうして培った経験値をまた力に換えていくことのできる選手でもある。

「植田直通2世って呼んでください!」

 そんなことを言っていた男が、いよいよ「吉村仁志」として認知され、評価される段階にやってきた。真夏の大舞台で、この誰もが認める好素材が、さらに大きく羽ばたく切っ掛けを掴むことを期待したい。

文=川端暁彦

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO