FOLLOW US

PK戦で2本のストップもキック失敗で敗戦…柏GK松本「忘れられないというか忘れちゃいけない」

2023.12.09

天皇杯決勝を振り返った松本健太 [写真]=金田慎平

 天皇杯JFA第103回全日本サッカー選手権大会・決勝が9日に行われ、川崎フロンターレ柏レイソルを下して、3大会ぶり2度目の優勝を飾った。試合後、敗れた柏のGK松本健太が試合を振り返った。

 試合は、スコアレスのまま120分を経過してPK戦へと突入。10人目までもつれ込んだ末に、後攻である柏の松本がチョン・ソンリョンにセーブされて失敗。川崎Fが天皇杯を手にした。

 試合後、インタビューに応じた松本は、「結果までの過程がどうであったにせよ、自分が止められて負けたという事実だけは変わることはない」とPK失敗を悔やみつつ、「忘れられないというか忘れちゃいけない。自分にとって、すごい大きな試合になった」と決勝を回想した。

 また、「来年以降しっかりここまで勝ち上がって、天皇杯でのダメージは天皇杯を優勝することでしか昇華することができない。1人のサッカー選手として、もっとレベルアップ、もっと隙の無い選手になっていかなければならない」と語り、リベンジと今後の成長を誓った。

 さらに、「ショックはありますけど、下を向いている暇もないと思うんで。下は向くだけ向いたんで。ここからは前向いて上向いて自分がもっと良い選手になれるように、日々努力していく」と来年に向けての意気込みを口にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO