2017.02.17

天皇杯決勝、2018年元日に埼スタで開催…優勝賞金は1.5億円に増額

鹿島アントラーズ
第96回大会を制した鹿島 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は16日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝を埼玉スタジアム2002で開催することが決まったと発表した。

 JFAによると、16日に実施された理事会にて、埼玉スタジアムでの決勝開催が承認された。決勝は2018年1月1日(月・祝)に行われる予定で、関東圏での開催は2大会ぶりとなる。なお、埼玉県内の天皇杯決勝開催は、県営陸上競技場で行われた第36回(1956年)大会以来となる。

 また、JFA公式HPに掲載された理事会報告資料によると、5位以下への賞金(以前は1000万円)が廃止され、優勝チームの賞金が1億円から1億5000万円に増額となることも決まった。各試合で勝利を収めたチームに支払われる強化費は、1回戦勝利は以前と同額の50万円だが、2回戦勝利は100万円、3回戦が200万円、ラウンド16以降は300万円と、それぞれ増額されることとなった。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る