2015.03.03

柏がACL日本勢初白星…大量5ゴールを奪いベトナム王者に快勝

工藤壮人
工藤壮人の2ゴールを含め大量5得点を奪った柏が勝ち点3を積み上げた [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が3日に行われ、柏レイソルとベトナムリーグ王者のビン・ズオンが対戦した。

 柏はホーム初戦。全北現代とアウェーで対戦した前節は、劣勢の中で守備陣が奮闘し、スコアレスドローで試合を終えた。グループステージ初勝利を狙う今節は、VVVフェンロから復帰した大津祐樹や、前節途中出場のクリスティアーノらが先発した。

 試合は柏がボールを保持し、ビン・ズオンがカウンターを狙う展開となる。最初にチャンスをつかんだのは柏。3分、裏に抜け出した工藤壮人がDFを背負いながらシュートを放った。さらに5分、大谷秀和から浮き球のパスを受けたクリスティアーノが胸トラップから右足を振り抜く。しかし、シュートは枠を外れた。

 ビン・ズオンを押し込む柏は、8分に大津が、12分に太田徹郎がゴールを狙う。25分には、山中亮輔が左サイドからクロスを入れ、中央の工藤が頭で合わせたが、シュートはGK正面に飛んだ。

 一方、序盤は押し込まれていたビン・ズオンは39分に右サイドからチャンスをつかむ。クロスを入れると、最後はレ・コン・ビンがシュート。わずかに枠を外れたが、柏ゴールを脅かした。

 試合が動いたのは42分。右サイドでボールを持ったクリスティアーノが相手3人を引きつけ、中央へパスを出す。ゴール前で待っていた工藤が右足でシュートを決めて、柏が先制ゴールを奪った。

 さらに44分、エドゥアルドが前線にロングボールを送ると、ペナルティーエリア内右のクリスティアーノが中央へ折り返す。このボールをクリアしようとしたデイヴィッド・ヴランコヴィッチのヘディングがオウンゴールとなり、柏が追加点を手にした。

 迎えた後半はビン・ズオンが積極的なプレーを見せる。53分には途中出場のマイ・ティエン・タインがポスト直撃のミドルシュートを放った。その後も、モーゼス・オロヤを中心に攻撃を仕掛ける。しかし、プレーの精度を欠き、シュートチャンスを作り出すことはできなかった。

 逆に56分、柏は中盤のパス回しでビン・ズオンを翻弄し、茨田陽生のスルーパスに抜け出したキム・チャンスがチームの3点目を奪取。67分にはCKを大津がニアで触り、ファーサイドの工藤が頭で押し込んで4点目を決めた。

 大量リードを奪った柏は、75分に大谷がミドルシュートで5点目を奪う。その後、82分に1点を失ったが、追加点は与えずに試合終了。5-1で柏が勝利し、グループステージ初勝利を収めている。

【スコア】
柏レイソル 5-1 ビン・ズオン

【得点者】
1-0 42分 工藤壮人(柏レイソル)
2-0 44分 オウンゴール(柏レイソル)
3-0 56分 キム・チャンス(柏レイソル)
4-0 67分 工藤壮人(柏レイソル)
5-0 75分 大谷秀和(柏レイソル)
5-1 82分 ガニユ・オセニ(ビン・ズオン)

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る