2019.01.18

もうひとつの選手権「全日本ユース(U18)ソサイチ選手権大会2019」が今年も開催

ソサイチとは南米発祥の7人制サッカーで、ポルトガル語の「社会・社交的・共同体」を意味する「SOCIETY(ソサエティ)」が語源。ソサイチでより良い社会へ。

 2019年1月14日、全国高校サッカー選手権大会決勝戦の裏側で『#もうひとつの選手権』をキャッチフレーズに、ソサイチ(7人制サッカー)のU18世代の頂点を決める大会が横浜FC東戸塚フットボールパーク(神奈川県横浜市)で開催された。

 天候にも恵まれた大会当日。高校生の大会らしいハツラツとした爽やかな雰囲気の中、選手達はダイナミックに躍動した。

 普段はサッカーやフットサルをプレーする選手達は、初めて触れるソサイチ専用ボールに違和感を抱いていたがすぐにボールの扱いにも慣れ、ソサイチに順応するのにそれほど時間はかからなかった。

 決勝戦まで勝ち上がったのは、千葉の強豪「敬愛学園」と東京の雄「関東第一」。どちらもグループ予選を負けなしで駒を進めた。無敗同士の対戦は敬愛学園に先制を許した関東第一が最終的に3点を返し、2019年大会のチャンピオンに輝いた。

 本大会でも優秀選手を選出。優秀選手は2月17日開催の「U18ソサイチ選抜セレクション」へ進むことになる。
一般応募選手との合同セレクションの末、選ばれた選手達で組織する「U18ソサイチ選抜」でスペイン遠征を実施し同年代の現地クラブと対戦をする。

U18ソサイチ選抜-特設サイト       


【セレクション詳細】
名称:U18ソサイチ選抜2018海外遠征セレクション
種目:FOOTBALL 7 SOCIETY ~ソサイチ~
主催:一般社団法人日本ソサイチ連盟
協力:株式会社ユーロプラスインターナショナルエフチャンネル
日程:2019年2月17日(日)ガイダンス09:00~10:00/セレクション10:00~12:00
会場:ZOZOPARK(千葉県美浜区幕張)
参加費:無料
※本大会優秀選手以外、一般応募選手の挑戦も随時受け付け中


【遠征概要】
遠征日程:2019年8月中旬〜下旬
渡航先:スペイン・マドリード
・マドリード近郊の同年代クラブチームとのカップ戦(7人制)へ
・レアルマドリードの本拠地である“サンチャゴベルナベウ”のスタジアムツアー&リーガ観戦予定
※リーガの次シーズンのスケジュールが未発表のため、観戦が出来ない場合もございます。


【国内活動日】
3月/5月/6月/7月
※活動場所/活動日は合格者の居住地や所属チームなどから総合的に判断し決定いたします。


【監督】
千葉県で教員を歴任され、昨年S級ライセンスも取得した島田洋氏が2019年も指導。

一般社団法人日本ソサイチ連盟では、「もうひとつの選手権」をテーマに、“より多くの選手にプレーの機会を提供したい”という想いを込めて同大会を発足した。多くの選手に何か違う形でもスポットライトが当たる環境をつくりたい。そしてそれがチームや選手自身に少しでも還元されることを日本ソサイチ連盟は願っている。

公式リーグの開幕やソサイチ日本代表のブラジル遠征など、ここ数年で普及の勢いがさらに増している「ソサイチ」は、多くのエンジョイプレーヤーや競技志向のプレーヤーに、年齢、性別、国籍などに関わらず広く親しまれている。
日本ソサイチ連盟は、アンダーカテゴリーにおいても「誰もがいつでも気軽に楽しめる競技」として、益々の普及・発展を推し進めていく。

※ソサイチ(7人制サッカー)とは?
アマチュアカテゴリーを中心に多くのエンジョイプレイヤーに楽しまれているフットボール。詳しくは一般社団法人日本ソサイチ連盟のHPまで。

全日本ユース(U-18) ソサイチ選手権とは?
日本ソサイチ連盟が主催するソサイチ(7人制サッカー)のU18世代の頂点を決める大会。ソサイチは、ボールに触れる機会が多く、展開の早い競技として、サッカー・フットサルそれぞれの特性を活かせる。育成年代のうちにこのソサイチに取り組む事により、サッカー・フットサルのそれぞれの向上に少しでも繋がっていくことを願い、同大会を開催している。そして同大会の特徴は、サッカーやフットサルといった競技が異なるチーム、学校の部活やクラブチームといった活動形態が異なるチーム、それぞれが一同に会しているという点。普段なかなか対戦機会のないチーム同士がマッチアップをするといった点は、ソサイチならではの面白さである。

日本ソサイチ連盟公式twitter
日本ソサイチ連盟公式instagram
日本ソサイチ連盟公式facebook
日本ソサイチ連盟ホームぺージ

全日本ユース(U18)ソサイチ選手権大会」はスポーツ振興くじ助成を受けています。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る