2018.07.23

オレンジが基調のニューモデル「FUTURE」と「PUMA ONE」誕生

サッカー総合情報サイト

 プーマは新シーズンに向け新しいFUTUREとPUMA ONEを発表した。

 新しいFUTUREとPUMA ONEは、ショッキング オレンジをベースカラーに採用。アマチュアレベルのプレーヤーが世界の舞台にまで駆け上がるストーリーにインスパイアされた一足は、カラーとデザイン、そしてテクノロジーを刷新し、ピッチ上でのプレーを新たな高みへと導く。

■FUTURE

FUTUREは、フィット感をカスタマイズすることが可能な機能NETFITテクノロジーを備えた最初のサッカースパイクとして発表されました。

FUTURE2.1は、このコンセプトを洗練し細部にわたり改良されました。NETFITテクノロジーの各シューレースホールはより最適な間隔に改良され、より多くのカスタマイズを可能にするためアッパーのより広いスペースにNETFITが採用されています。キッキングエリアにおいては、NETFITがTPUスキンで覆われプロテクトされ、このエリアに採用されているバキュームプロセスがスパイクのボールタッチとグリップ力をサポートします。

アウトソールには牽引性と安定性をもたらすように丸型スタッドとブレード型スタッドを組み合わせて最適に配置された、超軽量で反応性の高いPebax製のRAPIDAGILITYアウトソールを採用しています。クイックターンで瞬時に相手ディフェンダーを置き去りにするプレーを実現します。

ADAPT:NETFITテクノロジーがフィット感のカスタマイズを実現
ACCELERATE:軽量のRAPIDAGILITYアウトソールがトップスピードを瞬時に実現
REACT:evoKNITソックとレイヤーベースがトップパフォーマンスとアジリティをサポート

■PUMA ONE

PUMA ONEは、シュートからスピード、タッチまで、ゲーム中のあらゆる側面をサポートするために設計されています。PUMAONE1は、完璧なプログレッシブアップデートでこのアプローチに革命を起こします。

完璧なFEELのため、柔らかくて薄いカンガルーレザーをスパイクのキッキングエリアにのみ採用、全体的な軽量化も実現しました。パーフェクトタッチは全てのプレーヤーたちが求める重要なポイントです。カンガルーレザーの内側に3Dドットを施すことでこのリクエストに対応し、全体的なフィーリングとボールに対するグリップ力をさらに向上しました。

新しいFUSEFITテクノロジーとevoKNITソックを組み合わせることにより、FITは新たな高みへ導かれました。その結果、全体的な快適性やアジリティを向上させるため、フィット感の調節が可能となるオプションが加わりました。

軽量のRAPIDSPRINTアウトソールをアップデートし、FASTをさらに押し上げ、スパイク全体の軽量化に成功し、トップスピードを実現します。新しいスタッド構成はエクスターナルヒールカウンターと一体になり、安定性を提供し、クイックなターンと爆発的な加速を実現するように設計され、全てのプレーヤーにアジリティと反応性の向上をサポートします。

FIT:evoKNITソックとFUSEFITテクノロジーが包み込むようなフィット感とその調整を実現
FAST:軽量のRAPIDSPRINTアウトソールが極限の加速を実現
FEEL:非常に柔らかいカンガルーレザーが究極のタッチを実現

 新しいFUTUREは、アントワーヌ・グリーズマン、マルコ・ロイス、川島永嗣、東口順昭をはじめとするプレーヤーたちが着用予定で、新しいPUMA ONEは、セルヒオ・アグエロ、ロメル・ルカク、オリヴィエ・ジルー、長谷部誠、小林悠をはじめとするプレーヤーたちが着用予定。

 新しいFUTUREは、プーマ取り扱いショップにて7月26日(木)より予約受付を開始予定、また新しいPUMA ONEは7月26日(木)より販売開始予定となっている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る