2012.05.01

移籍市場「15の論点」ワールドサッカーキング 0517号(No.214/5月2日発売)

【総力特集】強豪クラブの補強テーマを現地記者が考察!!
移籍市場「15の論点」

連日のように飛び交う移籍情報だけで夏のマーケットを占うのは難しい。しかし、監督の思惑やフロントの方針、チームが目指すべきスタイルといったそれぞれの“事情”を知れば、おのずと真の強化方針が浮かび上がってくる。今回は主要15クラブの夏の補強コンセプトを、15の論点から読み解く。

スペシャル・コンテンツ

ルーニー
ウェイン・ルーニー
(マンチェスター・U/イングランド代表)
「連覇へのラストスパート」

タイトルレースの行方が決まる終盤戦、リーグ連覇へ向けてウェイン・ルーニーがにわかに調子を上げてきた。マンチェスター・ユナイテッドのオフィシャルマガジン、『Inside United』に掲載されたエースの独占インタビューをお届けする。
インタビュー

ファルカオ ラダメル・ファルカオ
(アトレティコ・マドリー/コロンビア代表)
「新天地での飛翔」

ラダメル・ファルカオのゴールラッシュが止まらない。4月の公式戦では1試合を除きすべての試合でゴールをマークし、その勢いは増すばかりだ。敵チームを恐れさせる驚異のゴールハンターが、絶好調の今シーズンを振り返った。
   
リベリー
サミル・ナスリ
(マンチェスター・C/フランス代表)

「すべてはタイトルのために」
アーセナルの中心選手として活躍していたサミル・ナスリは、昨夏、覇権を争うライバルチームへの移籍を決断した。移籍の理由はただ一つ、トロフィーを勝ち取るために――。
   
ロメウ オリオル・ロメウ
(チェルシー/U-23スペイン代表)
「訪れたビッグチャンス」

オリオル・ロメウは昨夏、生まれ故郷のバルセロナを離れ、ロンドンへ移る決断を下した。そして今、この移籍の決断が正しかったことを自らのプレーで証明している。献身的なプレーでチームを支えるヤングスターが、シーズン終盤への意欲を語った。
   
イブラ ズラタン・イブラヒモヴィッチ
(ミラン/スウェーデン代表)
「ズラタン流の冴えたやり方」

ズラタン・イブラヒモヴィッチという規格外の男を形成するルーツ、ポリシーとは一体何なのだろうか。生い立ちからプロキャリア、スウェーデン代表に至るまで、今回のインタビューで包み隠さず語ってくれた。
 
 
ルイス・エンリケ ルイス・エンリケ
(ローマ監督)
「成功へのストーリーを紡いで」

今シーズン、ローマにおける選手のメンタリティーは確実に変化した。ルイス・エンリケ監督は確かに、スペイン流の攻撃的な意思をチームへ浸透させつつある。イタリアサッカー界に革命を起こそうとする若き指揮官に、成功への道筋を聞く。
   
リベリー リカルド・アルバレス
(インテル/アルゼンチン代表)
「復活のテクニシャン」

昨夏にインテルと4年契約を結んだリカルド・アルバレスは、相次ぐ監督交代、レギュラー確保、ひざの負傷と、今シーズンのチーム状態と同じように、起伏の激しい年を過ごしている。インテルの未来を担う若きファンタジスタがセリエA1年目を振り返る。
   
リベリー

フランク・リベリーが好調をキープし、バイエルンの進撃を牽引している。彼は今、監督との確執やケガの悩みから完全に解放され、キャリアのピークを迎えつつある。人間としても大きく成長したリベリーが、充実のシーズンを自信たっぷりに振り返った。

インタビュー連載

ロナウド クリスチアーノ・ロナウド
(レアル・マドリー/ポルトガル代表)
何より欲しいのは“チームのタイトル”

メズート・エジルのスルーパスに反応してゴール前に飛び出した“背番号7”が迷わず右足を振り抜く。宿敵を倒すゴールを決めたクリスチアーノ・ロナウドはその時、レアル・マドリーの強さを改めて確信した。

リポート連載

ロナウド リオネル・メッシ
(バルセロナ/アルゼンチン代表)
vol.52 栄光への正念場

カンプ・ノウでのクラシコに敗れたことは、リオネル・メッシにとってもショックだったに違いない。それでも彼は次の戦いへと気持ちを切り替えている。すべてはバルセロナのエースとしての責務を果たすためだ。

連載

長友 MADE IN JAPAN 第4回
長友佑都
「2つの魂」

ヨーロッパ挑戦2年目のシーズン、長友佑都は様々な困難に見舞われている。だが、彼の本質的な評価は下がっていない。むしろ、困難の中で自身の持ち味である「不屈の精神」を発揮し、より大きく成長しようとしている。現地記者に、長友についての率直な意見を聞いた。
   
ロナウド The Man of the Moment VOL.5
エディンソン・カバーニ
「神が宿るゴールハンター」

ナポリ在籍2年間で驚異的なゴールラッシュを見せるエディンソン・カバーニ。いつも冷静にゴールを決められるのは、ヴァルテル・マッツァーリ監督と信仰のおかげだと話す。その謙虚な姿勢を貫く限り、彼にはまだまだサッカー選手としての成功が待っているだろう。

■連載マンガ『龍時』 第171節

特別付録

特別付録

WSKスペシャル・ポスター
・クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
・ロビン・ファン・ペルシー(アーセナル)

Backnumber