2016.05.11

ミランが発表、中国投資家グループにクラブ売却へ…株式譲渡交渉開始

ミランの中国資本への売却がついに成立へ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは10日、親会社であるフィニンヴェスト社が同クラブ保有の株式譲渡に関して、中国の投資家グループとの独占交渉で合意したと発表した。

 ミランの売却へ向けて、インターネット通販大手「アリババ社」のジャック・マー会長らで構成される中国投資家グループとの交渉がついにスタートした。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』によると、投資家グループにはレガ・プロ(イタリア3部)のパヴィーアで会長を務める中国人企業家の名も含まれているという。

 今後、フィニンヴェスト社は株式の70パーセントを売却することで中国投資家グループと交渉を開始する。また、ミランのアドバイザーを務めるサルヴァトーレ・ガラティオート氏は、イタリア紙『ラ・スタンパ』のインタビューに対し「話がまとまると楽観視している。合意まで長い時間はかからないだろう」と答え、中国資本への株式売却の可能性が高いことを明かした。

 ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長は先日、イタリア人投資家への売却を望むことを明言。以前から報じられていた中国資本の株式売却が暗礁に乗り上げられるかと思われた。しかし、10日に行われたフェニンヴェスト社の会議で方針が決まり、中国資本へのクラブ売却へ向けて本格的な交渉が開始されることが決定している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る