2016.01.19

日本、準々決勝の相手はイランに決定…開催国カタールが首位通過/AFC U23選手権GS第3節

シャヒン・サゲビ
中国戦に出場したU-23イラン代表FWシャヒン・サゲビ(左) [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016グループA第3節の2試合が18日に行われた。

 リオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選も兼ねている同大会は、16チームが4つのグループに振り分けられ、1回戦総当りの試合を行う。各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、上位3チームにリオ大会の出場権が与えられる。

 2連勝でグループAの首位に立つ開催国のU-23カタール代表は、1勝1敗で決勝トーナメント進出に望みをつないだU-23シリア代表と対戦した。この試合で先制点を挙げたのは完全アウェーに乗り込んだシリア。4分にユセフ・カルファがオープニングゴールを決めた。しかし、直後の10分にカタールのアブデルカリム・ハッサンが同点ゴールを奪取。勢いに乗ったカタールは、24分にアフメド・アラー、28分にモエズ・アリが連続ゴールを決め、一気に逆転に成功した。カタールが2点をリードしたまま試合終盤に突入すると、81分にシリアがPKを獲得。これをオマール・カルビンが決めてシリアが1点差に迫った。だが、反撃ムードが高まった直後の82分、カタールのA・アラーがこの日2点目を奪い再び2点差にリードを広げた。このままカタールが4-2でシリアを下し、3連勝でグループステージ首位通過を決めた。

 第2節でカタールとの直接対決に敗れ、グループ突破に向けて後がないU-23イラン代表は、2連敗中のU-23中国代表と対戦した。試合は0-0で迎えた38分にイランのアルサラン・モタハリが先制点を決めた。直後の40分、イランは中国のチャン・フェイヤに同点ゴールを決められたが、続く41分にエフサン・パフラヴァンが勝ち越しゴールを奪い、1点をリードして前半終了を迎えた。後半に入っても勢いに乗るイランは48分にメフディ・トラビが追加点を奪いリードを2点に広げる。70分、中国はリャオ・リーシェンが得点を決めて再び1点差に詰め寄ったが、このまま3-2でイランが中国を振り切り、グループステージ2勝目を挙げて決勝トーナメント進出を果たした。

 この結果、22日に行われる準々決勝でグループA1位のカタールはグループB2位と、グループA2位のイランはグループB1位のU-23日本代表と対戦する。

 なお、日本は19日に行われるグループステージ最終節でU-23サウジアラビア代表と対戦する。

■グループA第3節結果(15日開催)
U-23カタール代表 4-2  U-23シリア代表
U-23イラン代表 3-2  U-23中国代表

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る