2015.09.23

メッシやイブラも絶賛…データで改めて知る”怪物”ロナウドの凄さ

ロナウド
1997年から2002年までインテルに在籍していたロナウド [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 9月22日、元ブラジル代表FWロナウドは39歳の誕生日を迎えた(18日が誕生日とする説あり)。

 驚異的なスピードと天性の得点感覚でゴールを量産したロナウド。バロンドールを2度、FIFA年間最優秀選手賞を3度獲得しており、ロナウドを「史上最高のストライカー」とする声もある。

 そんなこの日にUEFAチャンピオンズリーグの公式ツイッターは、現役選手のロナウドに対する評価をいくつか掲載。

 それらによれば、パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは、「僕にとってロナウドは最も偉大な存在だ。彼のような選手は誰一人いない」と評し、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも、「ロナウドは僕のヒーローだった。彼は僕が見てきた中で最高のストライカーだった。とても速くて、何もない状態からゴールを奪うことができた」とコメントしたのだという。ファンやメディアだけでなく、選手たちにとってもロナウドという選手は憧れの存在であったようだ。

 さて、そんなロナウドの誕生日ということで各メディアも特集企画を行っていたのだが、データ会社『Opta』が紹介したデータが同選手のスゴさを改めて知るのに最適だった。

『Opta』が紹介したのは、過去20年間のセリエA選手の中で、1ゴールに対してどれだけの時間を要したかというランキングである。

 ランキングには元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリや元フランス代表FWダヴィド・トレゼゲ、元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコといった2000年代を代表する錚々たる顔ぶれがランクインしているのだが、それらの選手を抑えてロナウドは首位に立っているのだ(対象は15ゴール以上あげている選手)。

 ロナウドは1997年から2002年にかけてインテルに在籍し、2006年から2008年にかけてミランに所属した。インテルでは68試合に出場し49得点をマーク、ミランでは20試合に出場し9得点。セリエAでは通算88試合に出場しており、58得点をあげている。

 この58ゴールを出場時間で換算すると、ロナウドは118分の出場あたり1ゴールを奪っているという計算になり、これは過去20年間で最高の記録なのだという。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る