2014.07.05

ブラジル代表に大打撃…ネイマールが腰椎骨折でW杯欠場へ、ドクター明かす

ネイマール
相手選手からひざ蹴りを受け、苦痛に顔をゆがめるネイマール(手前) [写真]=FIFA via Getty Images

 4日に行われたブラジル・ワールドカップ準々決勝のブラジル対コロンビアで、試合終了間際に相手チャージを受けたブラジル代表FWネイマールが、腰椎を骨折したため、ワールドカップの残り試合を欠場するとブラジル代表のチームドクターであるロドリゴ・ラスマー氏が認めた。大手メディア『ESPN』など、各メディアが報じた。

 ネイマールは、ハイボールを処理する際に相手DFフアン・スニガからひざ蹴りを背中に受けて、負傷退場。そのままエンリケとの交代を強いられたネイマールは、試合終了を待たずに担架で運ばれた。

 病院で診断を行った結果、ネイマールは第三腰椎を骨折。同医師は、「簡単なニュースではないが、彼はワールドカップで起用できない」と残り試合の欠場を明言。負傷の程度については、「手術が必要なものではない。保存治療が行われる」と重傷ではないとコメントしている。

 ネイマールは母国開催の今大会でチームトップとなる4得点を挙げていた。8日には準決勝でドイツと対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る