2016.03.07

12戦連続先発の本田は好機活かせず…ミラン、完封負けで10戦ぶりの黒星

本田圭佑
サッスオーロ戦で先発出場したミランFW本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第28節が行われ、サッスオーロと日本代表FW本田圭佑の所属するミランが対戦した。

 ミランは、前節のトリノ戦で1-0の勝利を収め、リーグ戦9試合負けなし。勝ち点「47」で6位につけている。今節は、勝ち点差「6」で7位のサッスオーロとアウェーで対戦。チームとともに好調を維持する本田は12試合連続の先発出場となった。その他、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、カルロス・バッカ、ジャコモ・ボナヴェントゥーラらに加え、マリオ・バロテッリが復帰後リーグ戦9試合目にして初のスタメン入り。なお、イニャツィオ・アバーテが出場停止で、エムバイェ・ニアンは交通事故で負傷し離脱を強いられている。

 試合序盤、本田が立て続けにチャンスを迎える。7分、ボナヴェントゥーラの強烈なミドルシュートを相手GKアンドレア・コンシーリに弾き返される。それに詰めていた本田が、こぼれ球を左足で蹴り込むが、GKの必死のブロックに阻まれた。8分には、バッカからのスルーパスでエリア内右に抜け出し、逆足の右足を振り抜くが、シュートはまたもGKコンシーリにセーブされた。

 試合を優位に進めていたミランだが、27分にセットプレーから先制を許す。右CKを得たサッスオーロは、ドメニコ・ベラルディが鋭いグランダーのクロスを入れる。ニアサイドの選手はスルーし、エリア手前中央のアルフレッド・ダンカンが、ダイレクトで左足を振り抜き、ゴール右上隅に突き刺した。サッスオーロはさらに42分、持ち上がったニコラ・サンソーネのボールを受けたベラルディが、エリア内右から左足シュートを放つが、GKドンナルンマに阻まれた。前半はミランの1点ビハインドで折り返す。

 後半52分、サッスオーロはエリア内右のベラルディがカットインから、ゴール左隅を狙って左足シュートを放つが、これもGKドンナルンマに弾き出された。55分、サッスオーロはパオロ・カンナヴァーロが右太ももを負傷したため、ルカ・アンテイと交代。ミランはバロテッリを下げて、ジェレミー・メネズをピッチに送り出した。63分、再びサッスオーロにアクシデント発生。シモーネ・ミッシローリも右太ももを痛めて負傷退場となり、ダヴィデ・ビオンディーニが投入された。

 なかなチャンスを作れないミランは72分、サッスオーロに追加点を許す。エリア内右に抜け出したシメ・ヴルサリコが深い位置から折り返し。それに中央のサンソーネが右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。直前のプレーで、アンドレア・ベルトラッチがビオンディーニに脇腹を蹴られて倒れこんでいたため、ミランのシニシャ・ミハイロヴィチ監督が猛抗議。この行為で退席処分となった。

 リードを2点に広げたサッスオーロだが、77分にグレゴワール・ドゥフレルがユライ・クツカへのファールで、この日2枚目のイエローカードを受けて、退場処分となった。数的有利となったミランは82分、本田を下げてケヴィン・プリンス・ボアテングを入れて、同点ゴールを狙う。だが、試合はこのままタイムアップ。ミランは0-2でリーグ戦10試合ぶりの黒星を喫した。一方のサッスオーロは3連勝となった。

 サッスオーロは次節、11日に敵地でユヴェントスと対戦。ミランは13日にキエーヴォとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
サッスオーロ 2-0 ミラン

【得点者】
1-0 27分 アルフレッド・ダンカン(サッスオーロ)
2-0 72分 ニコラ・サンソーネ(サッスオーロ)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る