2016.03.03

今季エジル以上にアシストしている選手がいた! 香川同僚が欧州トップ

エジル ムヒタリアン
アーセナルのエジル(左)とドルトムントのムヒタリアン(右) [写真]=Bongarts/Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 2月28日に行われたマンチェスター・Uとの大一番で、アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルはフリーキックからイングランド代表FWダニー・ウェルベックのゴールをお膳立てした。

 エジルにとってこれは今シーズンのプレミアリーグで18アシスト目となり、元イングランド代表MFフランク・ランパード(ニューヨーク・シティFC)とスペイン代表MFセスク・ファブレガス(チェルシー)がマークした2位タイの記録に並んだ(両者はそれぞれ2004-05シーズンと2014-15シーズンに記録)。

 アーセナルは11試合を残していることから、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が樹立したアシスト最多記録(20)の更新も十分に考えられる。

 ここまで驚異的なペースでアシストを積み重ね、絶大なインパクトを与えているエジルだが、実は欧州5大リーグにはより多くのアシストを記録している選手がいるらしい。

 その選手とは、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンだ。

 データ会社『Opta』によれば、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの欧州5大リーグに所属する選手のアシスト数は、現時点でムヒタリアンが最多だという(対象は全コンペティション)。

 上位10選手は以下の通り。

1位:ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
37試合出場19アシスト

2位:メスト・エジル(アーセナル)
33試合出場18アシスト

3位:ネイマール(バルセロナ)
34試合出場17アシスト

4位:ルイス・スアレス(バルセロナ)
39試合出場16アシスト

5位:ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
35試合出場14アシスト

6位:ラファエル(ボルシアMG)
33試合出場13アシスト

6位:アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
31試合出場13アシスト

8位:リオネル・メッシ(バルセロナ)
35試合出場12アシスト

8位:ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)
33試合出場12アシスト

10位:ドゥグラス・コスタ(バイエルン)
28試合出場11アシスト

 ドルトムントは今シーズン、ヨーロッパリーグの予備予選を戦うなど他のチームと比べて試合数が多く、ムヒタリアンはここまで37試合に出場。欠場したのはわずかに2試合だ。

 そんな同選手は欧州5大リーグでトップとなる19アシストを記録しているほか、全コンペティションで19得点をあげるなど大車輪の活躍ぶりを見せている。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る