2016.01.24

ミラン、2度のリード守りきれずエンポリとドロー…本田は終盤までプレー

本田圭佑
頭部を負傷し、後半終了間際に交代した本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第21節が23日に行われ、エンポリと日本代表MF本田圭佑が所属するミランが対戦した。

 マウリツィオ・サッリ監督をナポリに引き抜かれて今シーズンを迎えたエンポリだが、現在8位と好調。今節勝利すればサッスオーロとミランをかわして6位に浮上する。敵地に乗り込むミランは、前節フィオレンティーナとの上位対決で2-0と快勝。同試合と同じメンバーがスタメンに名を連ね、本田は5試合連続の先発出場となった。

 試合は早い時間に動く。8分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったルカ・アントネッリがDFラインの裏にロングボールを供給。このパスでGKと1対1となったカルロス・バッカが落ち着いてゴール左隅に決めて、ミランが先制に成功した。

 エンポリは29分、左サイドからのFKにエリア内中央のマッシモ・マッカローネが頭で合わせてネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールに。それでも直後の32分に同点ゴールを奪う。中央をドリブルで持ち上がったリッカルド・サポラーナがDFを1人かわしてエリア内右にスルーパス。これを受けたビオトル・ジエリンスキがGKジャンルイジ・ドンナルンマの股下を抜くシュートを決めた。

 追いつかれたミランは38分、ゴール前やや左寄りの好位置でFKを獲得。ジャコモ・ボナヴェントゥーラが右足で直接狙ったが、シュートは枠の上に外れてしまった。前半はこのまま1-1で折り返す。

 ハーフタイムにアレックスを下げてクリスティアン・サパタを投入したミランは後半開始早々に勝ち越し点を奪う。48分、敵陣に押し込むと相手DFがクリアしたボールがエリア手前にいたエムバイェ・ニアンの顔面を直撃し、ボールはエリア内左へ。これに反応したボナベントゥーラが左足で流し込んだ。

 ところがミランはこのリードを守り切ることができない。61分、エリア内左で浮き球を胸トラップしたマヌエル・プッチャレッリが右足で狙うと、低い弾道のシュートをGKドンナルンマが横っ飛びで弾いたが、こぼれたところをマッカローネが押し込み、試合は再び振り出しに戻る。

 3点目を目指すミランは67分、ニアンに代えてマリオ・バロテッリを投入した。すると80分、エリア手前で得たFKをバロテッリが右足で直接狙ったが、シュートはGKの正面に飛び、がっちりとキャッチされてしまった。対するエンポリも84分、ゴール正面やや遠い位置からのFKをジエリンスキが右足で狙ったが、ここは壁に阻まれてしまう。

 ミランは86分、相手との接触プレーで頭部を負傷していた本田を下げてケヴィン・プリンス・ボアテングをピッチに送ったが、その後はチャンスを作ることができず、結局2-2のまま試合終了のホイッスルを迎えた。

 次節、エンポリは31日に敵地でナポリと対戦。ミランは26日にコッパ・イタリア準決勝ファーストレグでアレッサンドリア(3部)とのアウェーゲームを戦い、31日に日本代表DF長友佑都が所属するインテルとの“ミラノ・ダービー”に臨む。

【スコア】
エンポリ 2-2 ミラン

【得点者】
0-1 8分 カルロス・バッカ(ミラン)
1-1 29分 ビオトル・ジエリンスキ(エンポリ)
1-2 47分 ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン)
2-2 61分 マッシモ・マッカローネ(エンポリ)

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る