2015.07.02

トルコに移籍のエトオ、古巣への惜別メッセージ掲載もコピペがバレる

エトオ
新天地であるトルコに到着したFWエトオ(中央) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 今夏サンプドリアを半年で退団した元カメルーン代表FWサミュエル・エトオが30日、自身のインスタグラムで同クラブへの惜別メッセージを掲載。だが、内容が今年1月にエヴァートンを退団した際に書いた文章と全く同じであることが明らかとなった。1日のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じている。

 同紙によると、このメッセージの内容にいち早く気付いたのはエヴァートンファンとされており、エトオはクラブ名のみを変えて掲載。このメッセージはツイッターなどのSNSで拡散されており、エトオのインスタグラムやフェイスブックのページでも「エヴァートンへのメッセージと同じじゃないか」、「コピペだな」などと指摘されている。

 エトオは、サンプドリアでプレーした約4カ月間で17試合に出場し、2得点を記録したが、今回の軽率な行動でファンの反感を買ってしまった感が否めない。

 なお、バルセロナで2度、インテルで1度、チャンピオンズリーグ制覇を経験し、アフリカ大陸では年間最優秀選手賞を最多タイの4回受賞しているエトオは今夏、トルコ1部リーグに昇格したアンタルヤスポルに移籍することが決まっている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る