2014.09.03

18歳FWコマンがユーヴェ外国人最年少デビュー「実力を見てくれる」

キングスレー・コマン
18歳でセリエAデビューを果たし、若手選手の可能性を語ったユヴェントスFWコマン(右) [写真]=Getty Images Europe

 8月30日に行われたセリエA開幕戦のキエーボ戦に先発出場し、クラブでの外国人最年少デビューを飾ったユヴェントスのフランス人FWキングスレー・コマンが、イタリアでの若手選手活躍の可能性を語った。9月2日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がこのコメントを伝えている。

 今夏パリSGからユヴェントスに移籍した18歳のコマンは「(今シーズンの)目標は20試合前後に出場すること。そしてシーズン終了後にまた目標を立てるよ。でもイタリアではもうすでに戦力として見て貰えているし、パリでの状況よりは楽に感じるよ。イタリアでは誰も年齢を気にしない。本当なんだ。ロッカールームの全員が、僕が18歳だって知っているわけじゃない。ここでは実力を見てくれる。フランスでは年齢のことが、より話題になっている」とイタリアでは年齢より実力を評価してくれると語った。

 さらにユヴェントス移籍へのきっかけが、同郷の先輩となるフランス代表MFポール・ポグバであったことを明かした。コマンは「彼らがユーベのプロジェクトを話してくれた時、ポール(・ポグバ)を例にイタリアでは若手にもチャンスがあるって示してくれたんだ。それが僕をここでプレー出来ることを保障してくれたんだ。そしてそれが実現した」と移籍当時、期待の若手選手の一人に過ぎなかったポグバがユヴェントスで開花し、トップクラスにのし上がったことが要因であるとした。

 最後に古巣パリSGについて「僕は8年間(パリSGで)過ごした。16歳でデビューした時、多少の出場機会を得るくらいなら簡単だと思っていたんだ。でもそうじゃなかった。僕にとっては慎重な選択だったよ。ファンのみんなが理解してくれなければ残念だけど。僕の価値を知ってほしかった。そしてフランスよりイタリアでそれを感じるよ」とファンに理解を求めつつ、イタリア移籍に満足を示している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング