2015.11.10

ソシエダがモイーズ監督の解任を発表…現在勝ち点9の16位と大苦戦

モイーズ
解任が発表されたモイーズ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・ソシエダは9日、チームを率いるディヴィッド・モイーズ監督を解任した。同クラブ公式HPを通じて発表している。

 発表によると、コーチを務めるビリー・マッキンリー氏も同日付で解任された模様。両者の後任はも伝えられていない。

 モイーズ氏は2013年夏、勇退したアレックス・ファーガソン元監督の後任としてマンチェスター・Uの指揮官に就任するも、チームはチャンピオンズリーグ出場権を逃すなど低迷し、シーズン終了を待たずして退任。昨年11月に就任したソシエダとの契約は2016年6月まで残しているが、現在勝ち点「9」で16位と低迷しており、途中解任されることとなった。

 ソシエダは、22日に行われるリーグ戦第12節でセビージャと、26日の第13節ではバルセロナと対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
55pt
アーセナル
47pt
トッテナム
46pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
42pt
ライプツィヒ
39pt
ホッフェンハイム
31pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
42pt
バルセロナ
41pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
ローマ
47pt
ナポリ
44pt
欧州順位をもっと見る