2015.09.05

レアルも約1億円の寄付…サッカー界が欧州の難民問題に立ち上がる

レアル・マドリード
難民支援を発表したレアル・マドリード [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは5日、ヨーロッパで問題となっている難民を支援するため、100万ユーロ(約1億3000万円)の寄付をするとクラブ公式サイトで発表した。

 内戦や治安の悪化などで中東やアフリカからヨーロッパに流入する難民や移民が急増。国際移住機関(IOC)は、今年1月から8月にかけて中東やアフリカなどからの難民や移民の数が、把握できているものだけで35万人以上と発表しており、すでに2014年度の総数28万人を優に越しているという。

 それに対して、サッカー界も続々と立ち上がっている。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、バイエルンが3日に、難民の若者を支援するトレーニングキャンプの設置と、100万ユーロ(約1億3000万円)の援助を発表。日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは難民を試合に招待しており、セルティックもチャリティマッチを開催する予定だという。

 これらのクラブに続きレアル・マドリードも、スペインに流入する難民を支援するとの声明を発表。「フロレンティーノ・ペレス会長が昨日(4日)、マリアーノ・ラホイ・ブレイ首相と電話で話し合いを行い、スペインに着く難民のケアのため、寄付や協力を申し出ました。クラブは、特に若者の難民において、様々な構想と計画を検討しています」とコメントしている。

 なお、ポルトも4日、今シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージに参戦する全32クラブを巻き込んだ難民支援の提案書をUEFA(欧州サッカー連盟)に提出している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る