2015.03.29

バレンシアの地元警察がスペイン代表チームへの不満をツイート

アルカセル
バレンシアのパコ・アルカセル [写真]=Getty Images

 27日に行われたユーロ2016予選でウクライナと対戦し、アルバロ・モラタの得点で勝利したスペイン代表。だが、誰もがその勝利を心から喜んでいるかというそうではないようだ。たとえば、バレンシア州の警察は不満に思っている。

 大手メディア『ユーロ・スポーツ』が伝えている。

 ツイッターを使って、企業などがフォロワーを喚起するメッセージを送ることはあるが、バレンシア州の警察がとてもユーモアのあるツイートをした。バレンシア州の警察は地元を本拠地とするバレンシアの所属選手がスペイン代表に選出されなかったことを不満に思っている。

「ダニ・パレホ、パコ・アルカセル、ホセ・ルイス・ガヤの代表招集という“盗難”を私たちは捜査する」

 今シーズン、シンガポール人資産家のピーター・リムがオーナーとなり、チャンピオンズリーグ出場枠獲得に向けて好調なバレンシア。そんなチームで好パフォーマンスを続ける3人のスペイン人選手が、デル・ボスケが率いる代表チームに招集されなかったことに不満を示した。バレンシアの地元民の思いを地元警察が代弁した。

 しかし、いくらサッカーが人々の生活に身近とはいえ、そんな冗談を警察の公式のアカウントでツイートしてもいいのか、という不満も少なからずあることも確かだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る