2014.12.24

カルロ・アンチェロッティ監督「新たなレアルの時代が始まった」

アンチェロッティ
レアルを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 レアル・マドリードは今年、宿敵アトレティコ・マドリードを決勝で4-1で破り10度目のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた。さらに、スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)とFIFAクラブ・ワールドカップ優勝を含め公式戦22連勝、現在も記録を更新中とまさに絶好調だ。

 そんな現在のチームについて、カルロ・アンチェロッティ監督はクラブの公式サイトに対し、「とても素晴らしい年になった。チーム全員の多大な努力とハードワークによって、我々はいくつもの記録を成し遂げることができた。さらに、我々は来年へ向け新たな野望を抱いている。2014年はレアル・マドリードの未来に向けた重要なサイクルが始まった年だ」と語った。

 クラブ・ワールドカップ後にはDFアルバロ・アルベロアも、「この1年間で4つのタイトルをチームは獲得し、最高の形で2014年に別れを告げることができた。本当に素晴らしい締めくくりになった。チームはとても良い仕事をした。レアル・マドリードはいつだって前を見ているチームだし、2015年への想いも強く持っている」と話しており、チームは現在、非常に良い循環の中にいるようだ。

 現在継続中の連勝記録は果たしてどこまで続くのだろうか。まさに無敵といった勢いで勝利を重ね続ける白い巨人は今、新たな時代を作ろうとしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る