2014.04.22

マンU、モイーズ監督の退団発表…ファーガソンの栄光を引き継げず

モイーズ
マンチェスター・Uの指揮官を退任したモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは22日、デイヴィッド・モイーズ監督がチームを離れることになったと発表した。

 モイーズ監督は今シーズン、勇退したアレックス・ファーガソン監督の後任として、マンチェスター・Uの指揮官に就任。リーグ優勝を果たしたチームを引き継いだが、リーグ開幕5試合で2敗を喫するなど、序盤から波に乗れず。34試合を消化し、17勝6分11敗の勝ち点57で7位に沈んでいる。20日に行われたモイーズ監督の古巣であるエヴァートン戦では0-2で敗れ、来シーズンのCL出場権を失うことが確定していた。また、チャンピオンズリーグ、FAカップ、リーグカップも敗退している。

 26年チームを率い、常勝チームへとクラブを成長させたファーガソン前監督の後任として、モイーズ監督は就任時に異例の長期契約となる6年契約を結んでいたが、1年を待たず退任となった。

 クラブは、「彼が監督としてもたらしてくれた、ハードワーク、正直さ、誠実さに感謝する」と声明を発表。なお、暫定監督等の後任については現段階で明かされていない。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る