2015.02.06

CL日本人最多出場の内田は何位? アジア人選手のCL出場数&得点ランキング

CL
左からダエイ、シャツキフ、内田、パク、中村など、各国のアジア人選手がCLで活躍 [写真]=Getty Images

 いよいよ決勝ラウンドがスタートするチャンピオンズリーグ。各チームとも新たな登録リストを申請し、レアル・マドリードがこの冬獲得した16歳マルティン・エデゴーを登録したと話題になっている。

 17日から再開される今シーズンの決勝ラウンドには、内田篤人と柿谷曜一朗、香川真司ら3人の日本人選手が出場する。シャルケはレアル・マドリードと、バーゼルはポルトと、そしてドルトムントはユヴェントスと対戦予定であり、いずれも激しい試合が予想される。

 そんなCLにおけるアジア人選手のランキングを、『UEFA.com』が伝えている。先日、日本人として最多出場記録を樹立した内田だが、アジアレベルでは何位になるのだろうか?

 出場試合数のランキングと得点ランキングを見てみよう。

【CLアジア人選手最多出場ランキング】
1位:マクシム・シャツキフ (69試合/ウズベキスタン)
在籍クラブ:ディナモ・キエフ

2位:パク・チソン(59試合/韓国)
在籍クラブ:PSV、マンチェスター・ユナイテッド

3位:ヴラディーミル・マミノフ (37試合/ウズベキスタン)
在籍クラブ:ロコモティフ・モスクワ

4位:内田 篤人(29試合/日本)
在籍クラブ:シャルケ

5位:オレグ・パシニン(24試合/ウズベキスタン)
在籍クラブ:ロコモティフ・モスクワ

6位:香川真司(22試合/日本)
在籍クラブ:ドルトムント – マンチェスター・U

7位:イ・ヨンピョ(20試合/韓国)
在籍クラブ:PSV

8位:中村俊輔(19試合/日本)
在籍クラブ:セルティック

8位:マハルダード・ナヴァンドチャール (19試合/イラン)
在籍クラブ:シュトルム・グラーツ

10位:アリ・ダエイ(17試合/イラン)
在籍クラブ:バイエルン – ヘルタ・ベルリン

※チャンピオンズカップ時代も含む

【CLアジア人選手得点ランキング】
1位:マクシム・シャツキフ(23得点/ウズベキスタン)
在籍クラブ:ディナモ・キエフ

2位:パク・チソン(5得点/韓国)
在籍クラブ:PSV – マンチェスター・U

2位:ソン・フンミン(5得点/韓国)
在籍クラブ:レヴァークーゼン

4位:アリ・ダエイ(4得点/イラン)
在籍クラブ:バイエルン – ヘルタ・ベルリン

5位:ヴラディーミル・マミノフ(3得点/ウズベキスタン)
在籍クラブ:ロコモティフ・モスクワ

5位:マハルダード・ナヴァンドチャール (3得点/イラン)
在籍クラブ:シュトルム・グラーツ

5位:本田 圭佑(3得点/日本)
在籍クラブ:CSKAモスクワ

※チャンピオンズカップ時代も含む

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る